もう人前で歌うのが怖くない!~「歌上手いね!」と言わせたい男性が、周りを魅了する歌声を手に入れるための自己ボイトレ講座~

北海道で起こった「昼カラオケ集団コロナ感染」について、間違えやすい部分を解説します

どうも神田です!今回は北海道で起きた「昼カラオケでの集団コロナ感染」について、見ていきます。

そもそも、感染のきっかけとなった「昼カラオケ」とは?

「昼カラ」で感染拡大 高齢者憩いの場、盲点に―札幌・新型コロナ
出展:時事ドットコムニュース

多くの人が勘違いしているのですが、こちらのニュースで取り上げている「昼カラオケ」というのは「ビックエコー」や「カラオケ館」などで昼間にカラオケを楽しむということではありません。

喫茶店や定食屋など、元々別の用途で運営している店舗の中にカラオケの機器を置いて、そこで昼間に高齢の方々がカラオケを楽しむのが「昼カラオケ」になります。

DAMやJOYSOUNDなどは開発元の第一興商やエクシングとリース契約ができます。そのため機種本体やマイクなどを一時的にお借りして店に設置することができます。

今回はそういった場所において集団感染が起きた、ということですね。私たちが考えるようなカラオケ店舗で集団感染が起きたわけではないことを覚えておいてください。

また、集団感染が発生した喫茶店において感染症対策がされていたかどうかは記述がないので分かってはいません。

「昼カラオケ」での感染は完全に盲点だった?

これはニュースの見出しがそもそも悪いと思うのですが、多くのニュースでは「昼カラオケ、盲点だった」といった記載がなされています。

この見出しだけを見ると「カラオケをしていて感染したことが盲点とか、どういう考え方をしているんだ?」と思われるかもしれません。事実Twitterなどでもそうした意見を多く見つけました。

これに関してはそもそも意味が違っていて、「カラオケで感染したことが予想外」ではなく、「昼カラオケというカラオケ形態があることが予想外」ということだと思います。

私自身このサイトを運営している経緯から「昼カラオケ」なるものがあることは知っていましたが、多くの人は昼間に喫茶店やスナックなどでカラオケが出来ることを知らないはずです。

そもそも夜のスナックやバーといった店舗は規制対象になっていて、そういった店舗が昼間に別の目的で空いていることがある、というのも見落としやすい点ですね。

もちろん見落とすことは悪いことですが、見落としたからこそ「盲点」と記載したのであって、「気づいて当たり前」というのは少し違うということですね。

この昼カラオケのニュースの結果、「カラオケ自体が悪」という意見も出てきてしまっているようですが、騙されないように注意しましょう。

カラオケでの感染症のリスクってどれくらいなの?

続いて気になるのは、「カラオケでの感染症のリスクってどれくらいなんだろう?」という点です。

ここで出てくるのが「3密」という概念です。テレビでも頻繁に流れるので、聴いたことがあるのではないでしょうか?「3密」とは

①密閉:換気ができない、閉じた空間であること
②密集:多くの人が集まる場所であること
③密接:人と人の距離が近い場所であること

の3つですね。この3つは状況にもよりますが、カラオケで多く当てはまります。

「密閉」に関してはカラオケルームは当然扉で区切られた空間ですし、換気はしにくい空間であることは間違いないでしょう。

「密集」に関してはカラオケを利用する人数によりますね。大人数で利用する場合は当然多くの人が参加するので、部屋の中に人が集まるようになります。パーティルームとかもそうですね。

「密接」に関しては、こちらも大人数で利用する場合に発生しますね。カラオケルームはある程度の広さが決まっているので、人が隣通しに座ることも多いです。お互いに手が届く範囲で会話したり、歌うことも多いはずです。

そしてカラオケではマスクを外すというのも感染リスクを大きくする要因です。もちろんマスクをしているから感染症対策が万全というわけではありませんが、あるのとないのとではあった方が良いのは言うまでもないでしょう。

また歌うときにどうしても唾が飛びます。大きな声で歌うのは気持ちが良いですが、声を部屋中に響かせようと力を入れると、ごくわずかな量でも飛沫しているということになります。

こういった点を考慮されて、東京都では休業要請をした際に、カラオケを高めの「ステップ3」に設定したんだと思います。そのためカラオケでのコロナ感染のリスクは高い、と言わざるを得ません。

しっかりとした感染症対策で、楽しくカラオケをしよう!

とはいえこのリスクはあくまでも感染症対策を全くしない、今までのカラオケを考えた場合のリスクです。

昼カラオケのニュースを受けて、他の昼カラオケを実施している喫茶店では感染症対策にさらに力を入れ始めたようです。

1時間おきの喚起や、マイクの消毒など、安心してカラオケが出来る環境づくりに尽力しています。

コロナ感染症は確かに怖いです。ですが、カラオケは楽しいものです。ご高齢の方と話をする機会もあるのですが、「カラオケに行って歌うのが生きがいだ」という人もいらっしゃいます。

なんでも頭から否定するのではなく、コロナという脅威をしっかりと理解したうえで、きちんとした対策とともにコロナと向き合っていきましょう!

無料note画像

カラオケのコツが詰まったnoteを
無料で手に入れよう!

LINE@に登録することで、カラオケのコツや練習法をまとめたnoteを無料でプレゼント!

1:1オンラインレッスンで効率的に上達しよう!

TwitterのDMから依頼すると、1:1オンラインレッスンを受けられます。
費用は無料です。まずは相談でも構いませんので、どうぞ!