もう人前で歌うのが怖くない!~「歌上手いね!」と言わせたい男性が、周りを魅了する歌声を手に入れるための自己ボイトレ講座~

「JAP / abingdon boys school」のカラオケでの歌い方【音域】

「JAP / abingdon boys school」についてカラオケでの歌い方や音域を解説しました。カラオケで歌う場合の参考にしてください。

「JAP / abingdon boys school」の楽曲音域データ

アーティストabingdon boys school
リリース2009/5/20
タイアップアニメ「戦国BASARA」OP、ゲーム「戦国BASARAバトルヒーローズ」主題歌
総合難易度★★★★☆
音程難易度★★★☆☆
地声最低音mid1G#(G#3)
地声最高音hiB(B4)
裏声最高音なし
スピードBPM100(標準的な速さ)
ラップあり
JAPについて

2009年5月20日にリリースされたシングル曲です。abingdon boys schoolの6thシングルになります。戦国BASARAのタイアップで有名になりました。abingdon boys schoolの代表曲の一つです。

YouTubeに公式チャンネルがPVを投稿しています。
公式チャンネル1位の再生回数です。PVを見ていただければ、この曲の印象がすぐにわかると思います。

「JAP」はとてもアップテンポな調子で進んでいく、ノリノリのナンバーとなっています。カラオケで歌っていて楽しい曲ですね。

「JAP / abingdon boys school」カラオケでの歌い方について

曲の構成
  • 1番:Aメロ→Bメロ→サビ
  • 2番:Aメロ→Bメロ→サビ
  • 終盤:Cメロ(ラップ)→ラストサビ

曲中での音域はmid1G#(G#3)~hiB(B4)とやや狭めです。
地声最高音はhiB(B4)で、裏声は使われていません。男性の平均的な音域から考えると、上の方にずらしたような形になっています。

参考:男性の平均的な音域

男性の平均的な声域

かなりアップテンポな曲となっています。

Aメロから音程配置が複雑で、外しやすいのが特徴です。とくにフレーズの途中で急に早口になり、歌詞を詰め込む部分があるので、この部分が難易度が高いですね。歌詞もそうですが、ある程度歌い方についても練習する必要があります。

Bメロになると歌詞の詰め込みが多い箇所が増えます。舌が回るかが問題になるでしょう。歌詞と歌い方をしっかりとマスターしておきましょう。

サビはキーが高く、せり上げるような部分が多いのが特徴です。また音程配置も難しめで、外しやすくなっています。繋がっている音程がほとんどないので、発声を切りつつ、正しい音程を出すように心がけましょう。

またロングトーンもキーが高く設定されていて、喉にダメージを与えてきます。最高音のhiBはサビの最後に登場しますが、それ以上に問題なのはその後に続くロングトーンで、キーが高く、長くなっています。かなり辛い部分なので全力を尽くして歌っていきましょう。

Cメロがあります。ラップ部分の一部だけ音程バーが割り振られているので、採点をオンにしている場合は要注意です。当然音程を合わせるのも難しくなっています。

ラストサビでは一番の盛り上がりを見せますが、その分高音部分も多くなっています。かなり高音、およびロングトーンが得意でないと歌いこなすのは難しいでしょう。難易度はかなり高めですね。

hiBのキーは男性の平均的な音域から考えると、やや高めです。カラオケで歌唱してみて厳しい場合は、キーを下げることをオススメします。

キー調整をする場合には、キーを3つ~4つ下げてみましょう。

これで最高音がmid2G#(G#4)~hiA(A4)付近になるので、歌いやすくなるはずです。それに準ずるキーも下がりますので、喉へのダメージも減るでしょう。

地声最低音がmid1G#(G#3)ですので、やや高めです。それゆえに下げる余裕があります。キー調整はしやすくて良いですね。

自分のキーを知っているとよりカラオケが楽しくなります。

自分のキーの判断方法は以下で説明しているので、調べてみましょう。

関連記事

このページではあなたの声のキーの高さを計測する方法について説明しています。自分の声の高さを知ろう!専用システムで音域(声域)チェック!音域(声域)を知る際に、「音域チェッカー」を使用します。音域チェッカー「音域チェッカー[…]

カラオケのコツが詰まった教科書で
さらにレベルアップ!

詳細かつ丁寧な解説で、歌唱力も採点の点数もアップさせて、カラオケで注目を集めよう!