もう人前で歌うのが怖くない!~「歌上手いね!」と言わせたい男性が、周りを魅了する歌声を手に入れるための自己ボイトレ講座~

「BLUE BLOOD / X JAPAN」のカラオケでの歌い方【音域】

「BLUE BLOOD / X JAPAN」についてカラオケでの歌い方や音域を解説しました。
カラオケで歌う場合の参考にしてください。

「BLUE BLOOD / X JAPAN」の楽曲音域データ

アーティストX JAPAN
リリース1989/4/21
タイアップなし
総合難易度★★★☆☆
音程難易度★★☆☆☆
地声最低音mid2C#(C#4)
地声最高音hiD#(D#5)
裏声最高音なし
スピードBPM188(速い)
ラップなし
BLUE BLOODについて

1989年にリリースされた同名のアルバム「BLUE BLOOD」に収録されている曲です。X JAPANの曲の特徴として、アップテンポな曲は長い歴史の中でも1990年付近に集中しています。

「BLUE BLOOD / X JAPAN」カラオケでの歌い方について

曲の構成
  • 1番:Aメロ→Bメロ
  • 2番:Aメロ→Bメロ
  • 終盤:Bメロ→ラストサビ

曲中での音域はmid2C#(C#4)~hiD#(D#5)と狭めです。
地声最高音はhiD#(D#5)で、裏声は使われていません。
男性の平均的な音域から考えると、上の方に大きく広がっています。

参考:男性の平均的な音域

男性の平均的な声域

疾走感が「VANISHING LOVE」や「紅」同様にあり、非常に気持ちの良い曲です。最高音のキーもhiD#とかなり高いですが、この曲は「紅」とは違い、歌うとかなり苦しいです。

その理由は息継ぎをする暇を与えない曲調と、最後のサビで転調してキーが上がるところにあります。結果として高めのキーを連続して出し続けることを強いられるので、苦しさはかなりのものです。

かなり曲調が速いので、リズムに合わせて歌うことができれば盛り上げることもできるでしょう。カラオケでは盛り上がりたい序盤に出すのがおすすめです。

とはいえキーが高いので、高音に自信がない限りは、曲のキーを下げることをおすすめします。

キー調整をする場合には、キーを4つ~5つ下げてみましょう。
カラオケでは+4が原曲キーとなっているので、±0の状態で選択肢て歌唱するのもアリです。
自分のキーを知っているとよりカラオケが楽しくなります。

自分のキーの判断方法は以下で説明しているので、調べてみましょう。

関連記事

このページではあなたの声のキーの高さを計測する方法について説明しています。自分の声の高さを知ろう!専用システムで音域(声域)チェック!音域(声域)を知る際に、「音域チェッカー」を使用します。音域チェッカー「音域チェッカー[…]

カラオケのコツが詰まった教科書で
さらにレベルアップ!

詳細かつ丁寧な解説で、歌唱力も採点の点数もアップさせて、カラオケで注目を集めよう!