もう人前で歌うのが怖くない!~「歌上手いね!」と言わせたい男性が、周りを魅了する歌声を手に入れるための自己ボイトレ講座~

職場でよく使ったEXCEL関数【RIGHT関数/LEFT関数/MID関数】

どうも神田です!今回は「RIGHT関数」「LEFT関数」「MID関数」を紹介します。

3つも一気に紹介してしまいますが、いずれも文字を切り取る関数であることには変わりありません。セットで覚えていきましょう。

RIGHT関数/LEFT関数/MID関数の書き方、使い方

=LEFT( 文字列 , 文字数 )
=RIGHT( 文字列 , 文字数 )
=MID( 文字列 , 開始位置 , 文字数 )
LEFT関数とRIGHT関数は書き方が同じです。MIDだけは書き方が違います。使い方について、以下の画像を見ていきましょう。

RIGHT関数の説明1

上の画像ではA列に入力した文字をLEFT関数、RIGHT関数、MID関数で切り取っています。

LEFT関数の方から見ていきましょう。LEFT関数はその名の通り文字列を左から指定した文字列の分だけ切り取る関数です。上の画像ではA列の文字列を左から8文字切り取って「カラオケステップ」と表示させています。

RIGHT関数はLEFT関数の逆バージョンです。文字列を右から数えて取り出します。上の画像ではA列の文字列を右から8文字切り取って「理人は神田です。」の8文字を切り取って表示しています。

一方でMID関数は少し使い方が違います。文字列を指定するのは同じですが、切り取るときの開始位置と、切り取る文字数を指定します。上の画像ではA列の文字列を9つ進めて9文字目の「ア」から8文字抽出して「アップ講座の管理」と表示されています。

RIGHT関数/LEFT関数/MID関数の使える点

FIND関数と組み合わせて使うことが多い

全てのデータが規則正しく並んでいるのならこれらの関数を使用するだけで使えるのですが、実際にそういったデータはあまり多くはありません。

どちらかというと特定の文字列や空白セルなどで分けたいことが多いはずです。そのため、特定の文字の位置を教えてくれるFIND関数と一緒に使用することが多いです。

使い方についてはFIND関数のページで紹介しているので参考にしてみてください!

関連記事

どうも神田です!今回は「FIND関数」を紹介します。FIND関数は特定の文字列が何番目にあるかを教えてくれる便利な関数です。FIND関数の書き方、使い方=FIND( 検索文字列 , 対象 , [開始位置] )指定した[…]

職場でよく使ったEXCEL関数【FIND関数】のアイキャッチ画像

RIGHT関数/LEFT関数/MID関数について ~おわりに~

RIGHT関数/LEFT関数/MID関数ともに文字数を教えてくれる関数ですが、それぞれ使い方が違います。いずれも文字列に関する基本的な関数なので押さえておきましょう。

無料note画像

カラオケのコツが詰まったnoteを
無料で手に入れよう!

LINE@に登録することで、カラオケのコツや練習法をまとめたnoteを無料でプレゼント!

1:1オンラインレッスンで効率的に上達しよう!

TwitterのDMから依頼すると、1:1オンラインレッスンを受けられます。
費用は無料です。まずは相談でも構いませんので、どうぞ!