もう人前で歌うのが怖くない!~「歌上手いね!」と言わせたい男性が、周りを魅了する歌声を手に入れるための自己ボイトレ講座~

職場でよく使ったEXCEL関数【MAXIFS関数】

どうも神田です!今回は「MAXIFS関数」を紹介します。

「MAXIFS関数」はEXCEL(エクセル)2016から登場した新たな関数ですが、その使い勝手はかなり良く、頭の片隅にでもいいので入れておきたい関数です。

「MAXIFS関数」はその名の通り「MAX関数」と「IF関数」を組み合わせたような関数で、範囲内の最大値を条件付きで求めてくれる関数となっています。

MAXIFS関数の書き方、使い方

=MAXIFS( 最大範囲 , 条件範囲1 , 条件1 , )

少しわかりづらい関数式ですね。体感としてはMAXIFS(最大範囲/条件範囲1、条件1/条件範囲2、条件2……)といったようなイメージです。最初の最大範囲で一旦区切って、そのあとは2つで1セットと考えていきましょう。
使い方として、まずは以下の画像を見てください。

MAXIFS関数の説明1

上の画像はA地区のカラオケ大会の各選手のカラオケ採点結果一覧です。A列には名前を、B列には参加した年度を、C列には採点での点数を記載しています。

20行目では2018年における大会での最高得点を求めています。C列の「92」が答えで、C列に入力した式はD列の「=MAXIFS(C3:C19,B3:B19,”=2018″)」ですね。

最大値を求めたいのは「採点での点数」なので最初にC列を指定しています。その中で、年度の条件が2018年なのでB列を指定して、そこに「”=2018”」とすることで2018年度限定で最大値を求めています。

このようにIF関数とMAX関数を組み合わせた動きができるのがMAXIFS関数の良いところです。もしもMAXIFS関数を使わない場合はより多くのセルを使用するか、あるいは式が複雑になってしまいますからね。

MAXIFS関数の注意点

①条件に文字列を加える場合は””を忘れずに!

MAXIFS関数で文字列での条件を指定するときは””を忘れないようにしましょう。上の画像での「”=2018”」は実は「2018」と記入することもできますが、「”>=2018”」などは””で囲まないとエラーとなってしまいます。

逆に数値の場合は””は必要ありません。ちなみに数値に対して””をつけても問題はないので、おかしくなったら””を疑う程度の認識でも構わないでしょう。

②複数の条件はAND条件となる

MAXIFS関数は最大で126の条件を指定することができます。126個も指定することはまずないですが、2個3個なら十分にありえる話です。

なのですが、この複数での条件はAND条件なので注意が必要です。上で説明した画像を少し変えてMAXIFS関数を複数条件にしてみましょう。

MAXIFS関数の説明2

C列に年代を追加しています。21行目では2018年度かつ20代の最高点を求めていますね。20代に限定しないならば19行目の「92」が最高点でしたが、20代に限定すると3行目の「91」が最高点になります。

このように、MAXIFS関数の複数の条件はAND条件になるので注意が必要ですね。

・MAXIFS関数のAND条件をOR条件にする方法

MAXIFS関数を使用してOR条件にするには考え方を変える必要があります。2つの条件でOR条件にする場合は、それぞれの条件を考えて、その中での最大値を取る必要があります。

実際にやってみると以下のようになります。

=MAX(MAXIFS(最大範囲,条件1,条件範囲1),MAXIFS(最大範囲,条件2,条件範囲2))

ちょっとわかりにくいですが、「MAXIFS(最大範囲,条件1,条件範囲1」で条件1を満たす最大の値を、そして「MAXIFS(最大範囲,条件2,条件範囲2」で条件2を満たす最大の値を求めています。

その2つに対して「MAX関数」を使用しているので条件1の最大値と条件2の最大値のうち、もっとも大きい値が選ばれるということになります。

上の図で考えてみると条件1で求められる最大値は92、条件2で求められる最大値は91となります。そのためその中で最大の92が「OR条件」として求められるということですね。

MAXIFS関数について ~おわりに~

MAXIFS関数はMAX関数とIF関数を組み合わせたような便利な関数です。

この関数はEXCEL(エクセル)2016にて使用可能になった関数です。そのためかなり最近の関数ですね。ひょっとしたらお使いのEXCEL(エクセル)には導入されていないかもしれません。

ですが今後時間が経つにつれてEXCEL(エクセル)2016以降を使用する職場は増えていくので、覚えておいてよい関数ですね!

式が複雑なので、せめて頭の片隅にでも「MAXIFS……みたいな関数があったなぁ」みたいなことを覚えておいてください!

無料note画像

カラオケのコツが詰まったnoteを
無料で手に入れよう!

LINE@に登録することで、カラオケのコツや練習法をまとめたnoteを無料でプレゼント!

1:1オンラインレッスンで効率的に上達しよう!

TwitterのDMから依頼すると、1:1オンラインレッスンを受けられます。
費用は無料です。まずは相談でも構いませんので、どうぞ!