もう人前で歌うのが怖くない!~「歌上手いね!」と言わせたい男性が、周りを魅了する歌声を手に入れるための自己ボイトレ講座~

元SEが紹介!仕事を早く終えて自分の時間を作るためのショートカットキー【Win】

どうも神田です!以前働いていた職場では、毎日毎日残業している人が居て、そんなにたくさんの仕事をしているのかな?と覗いてみたことがあります。業務の内容を見てみたところ、量はそんなに多くなかったのですが、処理するスピードが遅すぎて時間がかかっているようでした。

「○○さん、ショートカットキーとかエクセルの関数とか覚えれば毎日定時で帰れるようになるよ?」

と声をかけたのですが、聞き入れてはくれませんでしたね。残業代が欲しいのか、それとも遅くまで残っている自分の評価が高くなると思っているからなのかは分かりませんが……。

当然ですが、仕事が早く終わればその分自分の時間が増えます。趣味のカラオケに費やせる時間も増えますし、カラオケ以外の趣味にだって時間をかけることができます。自己啓発のために勉強することも、疲れているので少し早めに休むことも可能です。

私は以前SEでしたので、キーボードに触れる機会はかなり多かったです。プログラマほどではありませんが、一日の業務の8割ほどキーボードを打ちながら過ごしたこともあります。

キーボードを使う機会が多いからこそ、タッチタイピング(ブラインドタッチ)やショートカットキー、エクセル関数などは一通り覚えて、なるべく早く仕事を終わらせるようにしていました。それらは今でも私を助けてくれています。仕事が変わってもキーボードを触ることは多いですからね。

今回は以前の職場で実際によく使ったWindowsのショートカットキーを紹介します。エクセルオンリーなどではなく、PCのアプリケーション全般で使えるようなものが多いですね。

こんなの知ってるよ!と思っていただけると逆にありがたいです。この記事で紹介するショートカットキーを前述の人はまったく使っていなかったので……。

ショートカットキーはすべて上げるとかなりの数になりますが、その全てを使うことは業務ではほとんどありませんでした。よく使用するものを押さえておくだけでも、業務のスピードは上がります。

さくっと仕事を終わらせて定時で帰って、趣味のカラオケやその他の趣味、飲み会などに参加して充実した日々を送りましょう!もちろん、仕事ができることは上司からの評価や出世にも繋がりますよ♪

職場でよく使ったショートカットキー【汎用編】

コピーと貼り付け【Ctrl+C】【Ctrl+V】

Ctrl+V

基本中の基本のショートカットですね。Ctrl+Cでコピー、Ctrl+Vで貼り付けです。マウスなどでコピーしたい文章を選択しているときに使用することができます。

Webページではコピーしたい対象がドラッグ(背景の色が変わること)されていればコピーができます。それを貼り付けたいところにもっていって、Ctrl+Vで貼り付けですね。

マウスの右クリックでもできますが、ショートカットキーを使用した方が早いです。また、Ctrl+Xでは切り取りとなって、選択した部分の文字が削除されます。あくまでも削除できる場合なのでWebページなどの文言は消えないので安心してください。

ちなみにコピーをした段階でコピー文章はPC内に保存されています。そのため貼り付ける場所を間違えた場合でももう一度コピーをする必要はありません。正しい位置でもう一度Ctrl+Vを押せば貼り付けができます。

一つ前に戻る、進む【Ctrl+Z】【Ctrl+Y】

Ctrl+ZCtrl+Y

PC上で消しゴムのような機能がCtrl+Zです。このキーを押すと先程まで入力していた内容を破棄して一つ前に戻ってくれます。例えば

「今日はお天気も良く」という文章があって、そこに「今日はお天気も良く、ここまでお越しいただき」という文を追加したとします。この状態でCtrl+Zを押すと「今日はお天気も良く」という元の状態に戻ります。なにかミスをした時に便利ですね。わざわざBackSpaceキーで消す必要もありません。

また、消してしまったけど本当は消すべきじゃなかった!!というハプニングもあります。ですがご安心ください、こんな時に便利なのがCtrl+Yです。Ctrl+YはCtrl+Zで消した内容を戻してくれます。先ほど紹介した操作の後にCtrl+Yを押すと「今日はお天気も良く、ここまでお越しいただき」に戻ります。

このCtrl+Zはある程度の回数まで戻ることができます。エクセルの場合によくあるのですが、多くのセルに適当に文字を入力して、5セルくらい要らなかったな、という時はCtrl+Zを5回押せばその5つの要らないセルの内容が消えます。

戻れる回数には限度がありますが、作業中にミスをした場合にそれを一瞬で修正することができるので、非常に便利なキーですね。

全てひらがなにする、全角カタカナにする、半角カタカナにする【F6】【F7】【F8】

こちらはあまり知られていないキーです。文字を入力するときに、縦棒が表れて文字を入力していきますね。このとき、Enterキーを押す前であればF6で入力した部分をすべてひらがなに、F7なら全角カタカナに、F8なら半角カタカナにできます。

よく使うのはF7ですね。会社名や専門用語を入力したときに使います。例えば「しんぎゅらりてぃ」と入力したときに、PCの変換の精度にもよりますが、「秦ギュラリティ」と変換されてしまうとします。いちいちShiftキーを押して全てを選択して変換をするのは面倒ですね。

ですが「しんぎゅらりてぃ」と打ったときにEnterキーの前にF7キーを押せば必ず「シンギュラリティ」となります。変換の精度がダメダメでも必ずすべてカタカナになるので、素早く入力が完了できますね。

全てを変換するのでF7以外の使用頻度は少なめです。またF9、F10では英語を全角、半角に変更できますが、これもあまり使用しません。大文字なら大文字でShiftキーを押しながら入力してしまうことの方が多いからですね。

少なくともF7キーは便利なのでこのキーだけは覚えておきましょう!

アプリケーションを切り替える【Alt+Tab】

Alt+Tab

いまあなたのPCにはいくつのアプリケーションが開いているでしょうか?もしもこのサイトを見ているブラウザ以外のアプリケーションを起動していないのなら、試しにエクセルでも起動してみてください。

その後に、Alt+Tabキーを押してみましょう。ただし、Altキーだけは押しっぱなしにしてください。少なくともこのブラウザとエクセルの画面が小窓で出てくるはずです。

この状態でTabキーを何度も押していくと開いているアプリケーションを順番に参照してくれます。望んだところでAltキーを離すとそのアプリケーションの画面に移動することができます。

このショートカットは強力で、わざわざ下のツールバーをマウスでクリックしなくてもアプリケーションを切り替えることができます。Webで何かを調べながらエクセルに入力する、という作業ではAlt+Tabを押すだけで2つのアプリケーションを行き来できるので時間が大きく短縮できます。

アプリケーションを立体的に切り替える【Win+Tab】

Win+Tab

上記で紹介したAlt+Tabがちょっと豪華になったのがWin+Tabです。Winボタンはキーボードにもよりますが、基本的にはAltの左隣にあります。キーボード全体の左側ですね。四角形のマーク(Windowsマーク)であることもあります。

Windows10になってから少し挙動が変わりまして、過去に開いたアプリケーションを見ることができるようになりました。日付も表示されるので、過去にやった仕事の続きをやるときは便利です。

このショートカットは一度押すと発動し、もう一度押すと閉じます。そこはAlt+Tabとは違うところですね。ただ、アプリケーションがフェードアウトする演出が入るので少し時間がかかります。

とはいえ時間差はそこまでではないのでAlt+TabかWin+Tab、どちらか好きな方を使うようにしましょう。

検索をする【Ctrl+F(H)】

Ctrl+F

アプリケーションによってFかHかが変わります。エクセルやブラウザはFですが、メモ帳やサクラエディタなどはHです。Hキーの場合は置換と一緒になってることが多いですね。

量の多い文章やデータから望む値や文言を見つけたいときに役に立ちます。Ctrl+Fで検索窓が開きます。そこに検索したいワードを入力してEnterキーを押していけば対象の文言や値へ移動してくれます。

縦スクロールを何回もしないと終わりのない文章でも、検索は自動でスクロールしてくれるので楽です。また、検索範囲でどれだけの検索対象があったかも表示してくれます。

保存をする【Ctrl+S】

Ctrk+S

エクセルなどで作業をある程度進めた、あるいは終了するときには保存を行います。これはCtrl+Sがショートカットキーです。大事な文章やデータはアプリケーションが落ちて今まで書いてきたものが消えてしまう、ということを防ぐために頻繁に保存をしましょう。

データを編集しているときは上書き保存を、新規に作成した場合は別名で保存と同じ動きをしてくれます。

職場でよく使ったショートカットキー【汎用編】 ~おわりに~

以上、実務でよく使った一般的なショートカットキーでした。ショートカットキーは最初は使用するのに苦労しますが、慣れてくると使わずの業務は考えられなくなります。

今回は一般編ということで知っているショートカットキーも多かったと思いますが、知らないショートカットキーがあった場合はぜひとも使ってみてください!

仕事を早く終わらせて、趣味などができる自分の時間を作りましょう♪

無料note画像

カラオケのコツが詰まったnoteを
無料で手に入れよう!

LINE@に登録することで、カラオケのコツや練習法をまとめたnoteを無料でプレゼント!

1:1オンラインレッスンで効率的に上達しよう!

TwitterのDMから依頼すると、1:1オンラインレッスンを受けられます。
費用は無料です。まずは相談でも構いませんので、どうぞ!