もう人前で歌うのが怖くない!~「歌上手いね!」と言わせたい男性が、周りを魅了する歌声を手に入れるための自己ボイトレ講座~

JOYSOUNDのマスクエフェクトについて【実際に歌ってみた】

どうも神田です!

カラオケ専門家と言っても過言ではないほどに、
カラオケには行き詰めています。

先日こんなツイートをしました。

結果はともかく、このエフェクトを作ったということ自体は素晴らしいと思います。

他とは違う試みですね。
こういった部分はエクシングさんは得意な気がします

JOYSOUND、マスクで歌ってもクリアに聞こえる「マスクエフェクト」
– Impress Watch より

今回はこのマスクエフェクトを実際に使用してきたので、その感想をお伝えします!

JOYSOUNDのマスクエフェクトについて

マスクエフェクトの効果には大満足

マスクエフェクトの効果自体は素晴らしいの一言です。
マスクを着用していても歌声がクリアに響きます。

まさにマスクをしないで歌っているような歌声が響きます

デンモクのTOPページのすぐ見える位置にバーナーがあり、
設定に困ることもないでしょう。

余談ですが、カラオケ本体の倍音などを強めにしているようですね。
そうすることにより、こもった声というのをクリアにしています。

エフェクトは良いが、マスク着用での歌唱の弊害も

一方で、マスクで歌うこと自体の弊害もあります。
弊害は次の2点

  • 息が苦しくなる
  • 表情筋が動かしにくくなる
息が苦しくなる

まず、マスク着用で歌唱すると息が苦しくなります。
スポーツ界では肺活量を鍛えるためにマスクをして練習をするという習慣があるくらいです。
激しい運動であるスポーツとは違うとはいえ、息を吸いにくくなるのは間違いないです。

表情筋が動かしにくくなる
また、マスクを着用していると口や頬がマスクに覆われます。
これは歌唱時における顔の筋肉の動きを阻害します。
人間の顔は、口の動きによって発声する音を変えます。
「あ」と「お」は口の形や舌の位置が違います。
この口や舌の動きに、表情筋は影響を与えています

この2つの原因により

いつもなら歌えていた曲が思ったように歌えなくなることがあります
マスクエフェクトを使用するか否か

上記のニュースサイトでは、

  • 「マスクをしても飛沫は防げないだろ」
  • 「そもそも意味があるのか」

といったコメントも見受けられます。ネット上では、疑問視する声も多いですね。
もちろんカラオケルームそのものは使用後に店員さんが必死に除菌作業をしています。

その際にはマイクや液晶なども除菌しているそうです。
マスクしてても同じカラオケルームにコロナ感染者が居たら感染する気はします。

ただ、やらないよりはやったほうがマシという意見もあります

もしもJOYSOUNDに入ったときはマスクエフェクトを一度は試してみるのが良いでしょう。

無料note画像

カラオケのコツが詰まったnoteを
無料で手に入れよう!

LINE@に登録することで、カラオケのコツや練習法をまとめたnoteを無料でプレゼント!

SNSでカラオケに関する新しい情報を
受け取ろう!

Twitter、Facebookにて更新情報やカラオケの新しいネタなどを精力的に配信しています。
お使いのSNSで登録すれば、情報がお手元にすぐに届きます