もう人前で歌うのが怖くない!~「歌上手いね!」と言わせたい男性が、周りを魅了する歌声を手に入れるための自己ボイトレ講座~

「flower / L’Arc~en~Ciel」のカラオケでの歌い方【音域】

「flower / L’Arc~en~Ciel」についてカラオケでの歌い方や音域を解説しました。カラオケで歌う場合の参考にしてください。

「flower / L’Arc~en~Ciel」の楽曲音域データ

アーティストL’Arc~en~Ciel
リリース1996/10/17
タイアップフジテレビ「プロ野球ニュース」テーマソング
総合難易度★★★☆☆
音程難易度★★☆☆☆
地声最低音mid1F#(F#3)
地声最高音hiB(B4)
裏声最高音なし
スピードBPM172(速い)
ラップなし
flowerについて

1996年10月17日にリリースされたシングル曲です。L’Arc~en~Cielの5枚目のシングル曲になります。タイアップはありますが、そっち方向での知名度は低めですね。

L’Arc~en~Cielを代表する一曲で、「HONEY」や「虹」などと並びます。ファンからの人気も根強い一曲ですね。ちなみにカラオケという観点で見るとL’Arc~en~Cielの曲の中で一番人気となっています。

YouTubeに公式チャンネルがMVを投稿しています。
少しレトロな印象のMVで、このMVがカラオケでも流れることが多いです。歌い慣れていると、これぞflowerという感じになります。

「flower」はしんみりとしたメロディですが、サビで一気に盛り上がるナンバーとなっています。

「flower / L’Arc~en~Ciel」カラオケでの歌い方について

曲の構成
  • 1番:Aメロ→Bメロ→Aメロ→サビ
  • 2番:Aメロ→Bメロ→サビ
  • 終盤:Cメロ→ラストサビ

曲中での音域はmid1F(F#3)~hiB(B4)と標準的な広さです。
地声最高音はhiB(B4)で、裏声は使われていません。男性の平均的な音域から考えると、上の方にずれたような形になります。

参考:男性の平均的な音域

男性の平均的な声域

バラード調ながらも訴えかける力強さのある曲となっています。

非常に歌いやすい曲で、音程配置は少し複雑なのですが、、何度も曲を聴いて歌っていると音程正解率がどんどん上がっていきます。練習をすることで90%を簡単に越えることができる曲です。

AメロBメロはキーが低く、サビは高めとなっています。とくにサビでは訴えかけるように感情を込めるとより上手に聴こえやすいのも覚えておきましょう。

また、Cメロに長めのロングトーンが複数あります。連続でロングトーンをする必要があるだけでなく、ロングトーン一つ一つも長いので、しっかりとした発声を意識していきましょう。

地声最高音のhiB(B4)のキーは男性の平均的な音域から考えるとやや高めですが、登場は一瞬です。

それ以上にhiA(A4)のキーが多めですので、このキーははっきりと発声できる必要があります。それでも高いと思いますので、

キー調整をする際には、キーを1~2つ下げるのがおススメです。

これで最高音もhiA(A4)のキーも下がるので、一気に歌いやすくなるでしょう。

地声最低音はmid1F(F3)ですので、余裕はあります。それゆえに下げても問題はありません。

曲全体を通してかなり記憶に残りやすく、曲を知らない人もあっという間にflowerという曲名を覚えてくれます。周りに訴えかける力が非常に強い曲ですね。ぜひとも覚えて披露してみてください!

自分のキーを知っているとよりカラオケが楽しくなります。

自分のキーの判断方法は以下で説明しているので、調べてみましょう。

関連記事

このページではあなたの声のキーの高さを計測する方法について説明しています。自分の声の高さを知ろう!専用システムで音域(声域)チェック!音域(声域)を知る際に、「音域チェッカー」を使用します。音域チェッカー「音域チェッカー[…]

カラオケのコツが詰まった教科書で
さらにレベルアップ!

詳細かつ丁寧な解説で、歌唱力も採点の点数もアップさせて、カラオケで注目を集めよう!