もう人前で歌うのが怖くない!~「歌上手いね!」と言わせたい男性が、周りを魅了する歌声を手に入れるための自己ボイトレ講座~

【LIVE DAM Ai】精密採点Aiについて、情報が出ていました!

どうも神田です!YouTubeにて第一興商が10月1日にリリースした新機種「LIVE DAM Ai」に搭載されている新しい採点機能「精密採点Ai」に関する動画がアップロードされていました。

DAMの採点ゲームと言えば「精密採点DX-G」の頃から難易度の高い採点として有名で、それゆえに好んで遊ぶ人も多い採点機能ですね。

「音程」「表現力」などさまざまな項目があった「精密採点DX-G」ですが、「精密採点Ai」では新たに「Ai感性」という項目が追加されています。この「Ai感性」は公式サイトの説明によると

・業界初*6(第一興商調べ)の感性で歌唱力を評価する「精密採点Ai(エーアイ)」

DAMの膨大な歌唱データを機械学習することで生まれた「Ai感性」が、人の感情を揺さぶる歌唱を検出して得点化。さらに豪華になった演出がカラオケシーンを盛り上げます。
出展:「LIVE DAM Ai」を10月1日発売(https://www.dkkaraoke.co.jp/news/190905.html

ということらしいです。公式サイトの説明では「Ai感性」のみで得点が決まるのかなとも思っていたのですが、動画を見てみると「加点要素」として存在するようですね。

これまで「精密採点DX-G」では総合得点に対するボーナス点として「音程ボーナス」「表現力ボーナス」「ビブラートボーナス」があったのですが、この部分が「Ai感性ボーナス」となるようです。

「音程」などの5項目で基本となる点数が決まった後に、0から3点程度の加点がされるのがボーナス点だったので、「Ai感性ボーナス」もそこまで点数に影響はないのかな、という印象がありますね。

この「Ai感性ボーナス」は歌い手の歌い方をもとにして算出するとのことですが、どのように採点しているのか、なかなかに気になるところですね。「人を感動させる歌声」だと高得点らしいですが、機械に判断できるのでしょうか?

また、その他の点については「精密採点DX-G」とあまり変わりはなさそうです。レーダーチャート、分析レポート、各項目の表示も同じですね。

ただし、表示が変わっていて採点の中身も変わっている可能性もあるので、実際に歌ってみて高得点を取ってみないと違いは分かりませんね。

この「精密採点Ai」に関しては近いうちに実際に遊んでみてレビューの記事を書く予定です!「精密採点DX-G」との違いの観点からかなり詳しく書く予定ですので、そちらもお楽しみに!

※実際に行ってきたレビュー記事はこちらになります!

関連記事

どうも神田です!都内にあるビックエコーにて、LIVE DAM Aiの部屋に入ることができました!今回は実際に歌唱して判明したLIVE DAM Aiの魅力について、紹介していきたいと思います。Aiアシスタント、なかなか使いやすい![…]

LIVE DAM Ai、行ってきました!のアイキャッチ画像
無料note画像

カラオケのコツが詰まったnoteを
無料で手に入れよう!

LINE@に登録することで、カラオケのコツや練習法をまとめたnoteを無料でプレゼント!

SNSでカラオケに関する新しい情報を
受け取ろう!

Twitter、Facebookにて更新情報やカラオケの新しいネタなどを精力的に配信しています。
お使いのSNSで登録すれば、情報がお手元にすぐに届きます