もう人前で歌うのが怖くない!~「歌上手いね!」と言わせたい男性が、周りを魅了する歌声を手に入れるための自己ボイトレ講座~

歌ってみた動画に必要な機材を紹介!【作品を作るのに必要なものを揃えよう】

どうも神田です!

先日、次のようなツイートをしました。

歌ってみた動画を14本ほど投稿して色々分かったことがあるので、これまでの経験を記事にします。
構成は・思い立った契機
・準備したもの(ソフト、ハード問わず)
・課題点(主に防音関連)
・投稿までの流れ
・やってよかったこと、ミスしたこと使った金額からかけた時間まですべて暴露します
今回は歌ってみた動画作成の際に使用した機材を紹介していきます!

歌ってみた動画に必要な機材を紹介!

まず、私の歌ってみた動画作成の実績を紹介しておきます。

クリック or タップで開く
活動期間:2020/5/2~2020/7/17(約2ヶ月)
投稿本数:14本
ジャンル:J-POP
最大再生数:165回
総再生数:700回
録音環境:自宅とカラオケ
MIX:14本中13本自分で、1本のみ依頼
マスタリング:14本中13本自分で、1本のみ依頼
動画編集:すべて自分で
歌ってみた動画リンク:→こちらにて再生リスト表示

本当に歌ってみた動画を投稿しているのか分からない人も多いので、全部公開します。

購入した機材と、使用用途は以下の通りです。
同じものを買うことで、歌ってみた動画を投稿できます。

YouTubeで高評価やコメントをもらうことができたり、
他の人と交流ができるので楽しいですよ。

機材は基本的に録音、録画のタイミングで使用するものがほとんどです。
実際に歌ってみた動画を録音、録画した機材は以下になります。

合計で7つです。それぞれを説明して行きます。
自分の作りたい歌ってみた動画に必要かどうかで、購入を検討してください。

またPCに関しては元々YouTube動画を作る目的があったので所持していました。
16万ほどしましたが、歌ってみた動画用に購入したわけではないのでここでは割愛しています。

実際に使用した機材も紹介します。

①コンデンサーマイク

歌ってみた動画を録音するためのマイクです。
代替品としてはスマホ録音、ダイナミックマイクがあります。

ちなみにコンデンサーマイクは図のようなマイクで、
ダイナミックマイクはカラオケに置いてあるようなマイクです。

音の良さはコンデンサーマイク>ダイナミックマイク>スマホ録音になります。
音質にどこまでこだわるかで決めると良いでしょう。

値段も大きく違います。相場は大体以下の通りです。

  • コンデンサーマイクは1万円前後
  • ダイナミックマイクは3000円程度
  • スマホマイクはスマホを所持していれば無料

コンデンサーマイクは後述のエフェクターと繋ぐためのケーブルが付属しているタイプを購入しましょう。

②ヘッドフォン

歌ってみた動画を録音する際に、自分の歌声を聴くために用います。
また伴奏を流す目的もあります。
PCに直接つなぐこともできますが、後述するエフェクターを使用します。

代替としてはイヤホンがあります。
しかし歌っているときに自分の声を聞き取りやすいので、ヘッドフォンの方がおススメです。

③エフェクター

①で紹介したコンデンサーマイクはそのままではPCに接続できません。
歌ってみた動画の録音はPCのソフトで行います。
なので、繋ぐための中継器のようなものが必要です。

それがこのエフェクターです。
マイクのみならず、ヘッドフォンもここに接続します。
ヘッドフォンに流れてくる音量の調整や、マイク音量の調整も担っています。

④スタンド

①のコンデンサーマイクを固定するスタンドです。
スタンドタイプのものと、アームタイプのものがあります。

机に装着できる場合はアームタイプ、できない場合はスタンドタイプにしましょう。
私はアームタイプを購入して設置できなかったのでスタンドタイプに切り替えました。

ちなみにどちらにも「パ音」などを遮断するポップガードが付属しています。
(マイクと口の間にある黒い網のこと)

⑤カメラ三脚

カメラはiPhoneのカメラを使用しました。
正直カメラスペックとしては十分なくらいです。専用のカメラは必要ありません。

ただし、iPhoneやスマホを固定する三脚は必要です。

⑥グリーンクロマキー

動画編集の際に背景を合成するのに使用します。
緑の背景を、別の画像に差し替える場合に使用します。

背景を変更する予定が無かったり、そもそも撮影をしない場合は不要です。

⑦アイロン

⑥のグリーンクロマキーの布の手入れ用です。
使っているとシワシワになってくるので、伸ばします。

もちろん⑥が不要ならこちらも不要です。

歌ってみた動画に必要な機材は必要、不要で分けよう

合計で5万円ほどでした。見返してみると、かなりの金額ですね。
これはあくまでも私の作品作りに必要だった機材一覧です。

  • 「とりあえず歌ってみた動画が投稿できればいいんだ!」
  • 「動画には静止画などを利用する!」

という風に作りたい作品に応じて必要な機材は変わってきます。

スマホマイクでOKならば①のマイク、③のエフェクター、④のスタンドは要りません。
動画を撮影しないなら⑤の三脚や⑥のクロマキー、⑦のアイロンは不要です。

あなたの作品作りに必要な機材を購入して、歌てみた動画を作成しましょう!

また、ハードウェア方面が主でソフトウェアは掲載していません。
「歌ってみた動画」の作成手順という記事にて詳細に説明しています。

関連記事

どうも神田です!先日、次のようなツイートをしました。歌ってみた動画を14本ほど投稿して色々分かったことがあるので、これまでの経験を記事にします。構成は・思い立った契機・準備したもの(ソフト、ハード問わず)・課[…]

作り方も知りたい!という場合にはこちらの記事も参考にしてみてください。

無料note画像

カラオケのコツが詰まったnoteを
無料で手に入れよう!

LINE@に登録することで、カラオケのコツや練習法をまとめたnoteを無料でプレゼント!

1:1オンラインレッスンで効率的に上達しよう!

TwitterのDMから依頼すると、1:1オンラインレッスンを受けられます。
費用は無料です。まずは相談でも構いませんので、どうぞ!