もう人前で歌うのが怖くない!~「歌上手いね!」と言わせたい男性が、周りを魅了する歌声を手に入れるための自己ボイトレ講座~

CHEMISTRYのおススメ曲を紹介!そこまで難しくない!?

CHEMISTRYのオススメ曲についてまとめました!

全曲カラオケにて歌唱済み、かつ歌う際のポイントをコメントしているので、レパートリーを増やす際の参考にしてください!

※今回紹介する曲のキーと同じ最高音を持つ有名な曲の一覧は以下のようになります。

キー男性曲女性曲
mid2F#世界に一つだけの花/SMAP
桜坂/福山雅治
I LOVE YOU/尾崎豊
hiA愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない /B’z
チェリー/スピッツ
粉雪/レミオロメン
まちぶせ/石川ひとみ
川の流れのように/美空ひばり
hiA#TSUNAMI/サザンオールスターズ
YAH YAH YAH / CHAGE and ASKA
名もなき詩/Mr.Children
地上の星/中島みゆき
secret base ~君がくれたもの~ / ZONE
hiBtomorrow never knows/Mr.Children
Innocent world/Mr.Children
LOVE PHANTOM/B’z
TOMORROW / 岡本真夜
ハナミズキ/一青窈
明日への扉/I WISH
hiC愛唄/GReeeeN
夏色/ゆず
残酷な天使のテーゼ/高橋洋子
fragile/Every Little Thing
STORY/AI

自分のキーを知っているとより参考になります。自分のキーの判断方法は以下で説明しているので、調べてみましょう。

関連記事

このページではあなたの声のキーの高さを計測する方法について説明しています。歌える曲、歌えない曲で声域を確認しよう!●キーの高さ男性の一般的な声域はmid1D~mid2G#までです。アーティストによっては曲のキーが高い[…]

男性の平均的な声域
各曲の難易度まとめ
曲名音程地声最高音裏声ラップ
PIECES OF A DREAMhiAあり(hiB)なし
You Go Your Waymid2F#なしなし
merry go roundhiAなしなし
PeriodhiBなしなし
Wings of wordshiCあり(hiC)なし
最期の川hiA#あり(hiB)なし

※色は難しさ。紫>赤>黒>緑の順に難しくなります。赤が多いものは難易度が高めの曲となります。例えば音程練習をする場合は、入門では「易」を、上級は「難」を選ぶようにしましょう。

※当サイトでは多くの曲を実際にカラオケで歌った分析コメントと共に掲載しています!以下が一覧になりますので、こちらもご利用ください!

CHEMISTRYのおススメ曲

PIECES OF A DREAM【hiA】

PIECES OF A DREAM
CHEMISTRY
2001/03/07 ¥255

2001年にリリースされたシングル曲です。デビューシングルでもあり、売上枚数100万枚を突破した超ヒット曲です。知名度ももちろん高めですね。

Aメロはキーが低くゆったりとしたペースです。音程配置もそこまで複雑ではありませんが、歌い方が少し特殊で、事前に確認しておかないと要所要所を外しやすくなっています。

Bメロも傾向は同じですね。デュエット曲なので息継ぎをする暇がない部分があり、肺活量は持ちにくくなっています。カラオケで一人で歌う場合にはブレスを意識すると良いでしょう。

サビはキーが高くなり、喉へとダメージを与えてきます。それだけでなく裏声を使用する部分も多く、綺麗な裏声が出せるか否かが問題となるでしょう。歌い方次第で音程がかなり合うようになるので、事前にしっかりと歌い方を確認したうえで、流れるように歌っていくのがおススメです。

とはいえ、しっかりと音程を踏むために発声をしっかりと意識しつつ、それでいて流れるようにリズムに乗って歌っていかないといけないので難易度はなかなかに高めですね。事前の練習が求められています。

Cメロはかなりキーが高く、裏声も使用されています。音程はそこまで難しくはないものの、裏声部分が一番の見せ場なので、ここをしっかりと意識して行くといいでしょう。

ラストサビの最後にて転調し、裏声の最高音も再登場します。曲全体を通して独特の歌い方による音程の難しさが特徴ですね。事前に練習をしておかないと歌いにくさを感じるでしょう。

You Go Your Way【mid2F#】

You Go Your Way
CHEMISTRY
2001/10/11 ¥255

2001年にリリースされたシングル曲です。こちらの曲もその週のオリコンランキング1位を獲得しており、知名度は高めになっています。

ゆったりとしたペースの曲です。Aメロからキーが低く、音程も取りやすいですね。歌いやすいのでここはそこまで問題ではないでしょう。

Bメロも同様にキーが低めに設定されています。一部キーが高い部分もあるものの、mid2F程度となっているので、苦しさはそこまで感じないはずです。意外と息継ぎをする余裕もあるので、しっかりとした高音を出していきましょう。

サビは音程は少し難しくなりますが、依然としてスピードは遅めで音程は取りやすくなっています。最高音はここで3回程度登場しますが、キーはmid2F#であり、スピードもゆっくりなので高音に対して準備する時間は十分にあります。あまり高いとは感じないのではないでしょうか。

Cメロは息継ぎをする暇はあまりないものの、ゆったりとしたペースで音程は合わせやすくなっています。ただし最高音のキーは複数回登場します。

ラストサビに入っても転調することはなく、ケミストリーの曲としてはかなり歌いやすい曲ですね。練習にも向いているといえるでしょう。

merry-go-round【hiA】

merry-go-round
CHEMISTRY
2011/03/02 ¥255

2011年にリリースされたシングル曲です。アニメ「機動戦士ガンダムUC」の主題歌にも起用されました。

Aメロからかなりゆったりなペースの曲です。息継ぎの暇が十分にあり、音程も合わせやすくなっています。しっかりとした発声を意識して行けば問題はないでしょう。

Bメロはなく、そのままサビへと突入します。サビはリズムに乗って歌いやすい歌詞になっていますが、息継ぎをする暇はあまりありません。キーは高めになっていますね。

Cメロもキーが高いものの、一番の問題はそれまでと音程配置が大きく異なっているところだと思います。Aメロとサビは覚えやすいのでCメロを覚える部分に力を注ぎたいですね。

ラストサビでも転調することはなく、ケミストリーの曲の中では珍しく裏声も使われていません。かなり歌いやすい曲という印象が強い曲ですね。それでいて歌っていて楽しいので、かなりおススメの曲です。

気に入った場合はカラオケですぐに披露することができるという大きなメリットもあります。

Period【hiB】

Period
CHEMISTRY
2010/01/27 ¥255

2010年にリリースされたシングル曲です。アニメ「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」の主題歌に起用されました。

非常にアップテンポで力強い曲です。Aメロはキーが低く音程変化も複雑ではないので歌いやすくなっています。

Bメロも同じような印象で音程もキーも難易度が高くないので歌いやすいですね。

サビは一気に盛り上がるものの、実は音程はそこまで難しくはなく、さらにスピードも速くないために余裕はあります。とはいえキーは高めに設定されています。しっかりとした発声を意識することでそれっぽく聴こえるのでおススメです。

2番のサビの後、Cメロへはすぐに移行します。こちらも音程はそこまで難しくなく、キーも低めとなっています。ただしCメロの最後はキーが高いので、しっかりと発声して行きましょう。

ラストサビで転調し、キーが上がります。最高音のhiBはここで登場します。一瞬ですが、hiBとなるとなかなかに高いですね。逆に言えばこの部分さえ出せるのなら難易度は高いとは感じないはずです。

ケミストリーの曲の中では歌っていて楽しく、そして意外なことに聴いていて感じるほどに難しくはない曲です。カッコいい曲なのでおススメでもありますよ。

Wings of Words【hiC】

Wings of Words
CHEMISTRY
2005/07/27 ¥255

2005年にリリースされたシングル曲です。アニメ「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」のOP曲に起用されました。

バラードソングです。Aメロからキーは低いものの音程配置がいやらしく、外しやすくなっています。歌いにくい位置に音程が割り振られているだけでなく、早口のような歌い方をしないといけないので、多少は外しても気にしないようにしましょう。

Bメロは早口ではなくなるもののフレーズが繋がるようになり、息継ぎをする暇がありません。音程配置も複雑で、ところどころ外しやすい箇所がありますね。

サビはキーが一気に高くなり、裏声のパートも登場します。サビを通して全体的にキーが高いだけでなく、裏声のキーもhiCとかなり高いので、ケミストリーの曲の中ではキーの高さは随一ということになります。

デュエット曲なのでブレスの余裕がないのも問題で、一人で歌う場合は常に高音を出し続けなくてはなりません。

Cメロはリズムに乗って歌いやすいもののキーは非常に高く、最後にはhiCもの高音を地声で出すことを強いられます。

ラストサビに行っても転調はしませんが、繰り返しがあるので1番2番のサビ以上に喉がダメージを受けることになります。

音程難易度、高音、裏声を総合的に加味するとかなり難易度の高い曲だといえますね。その分周りに訴えかける力も大きく、もし一緒に歌ってくれる人が居て、二人ともマスターしているならば周りの視線を集めることができるでしょう。

難しい曲に挑戦したい人におすすめですね。

最期の川【hiA#】

最期の川
CHEMISTRY
2007/10/24 ¥255

2007年にリリースされたシングル曲です。映画「象の背中」の主題歌にも起用されました。

バラードソングです。Aメロはゆったりとしたペースで音程変化はあるものの歌いやすくなっています。しかしキーは高めに設定されていて、息が苦しくなりやすいので注意です。

Bメロは音程変化は複雑になるものの、依然として歌いやすいですね。ただし張り上げるような音程が多いので声が裏返りやすいのが特徴です。意外と早めにキーが高い部分が揃っているので、カラオケでは中盤以降に入れていきたいところです。

サビはキーがかなり高く、ゆったりとしたペースと相まって長い間高音を出す必要が出てきます。音程はそこまで難しくないので、高音が出せるかどうかが問題になるでしょう。

最高音は2番のBメロで登場します。一瞬ですが裏声部分なのでしっかりと決めていきましょう。

Cメロはなく、そのままラストサビへ突入します。ラストサビは転調し、地声のキーが高くなります。一気に喉への負担が増すので、全力で歌唱して行きましょう。

音程の難易度というよりも、頻出する高音で喉にダメージを与えてくる曲という印象が強いですね。歌うときには喉のコンディションと相談するようにしましょう。

CHEMISTRYのおススメ曲 ~おわりに~

以上、CHEMISTRYのおススメ曲でした。アーティスト名を聞くと難しい曲が多いイメージですが、どちらかというと難易度の差が激しいアーティストです。

merry-go-roundのように難易度の低い曲もあれば、Wings of Wordsのように極端に難しい曲もあります。

簡単な曲は、それでもカッコいい曲が多いので歌いやすいですし、難しめの曲も自分の限界に挑戦できるので一度は試してみたいところですね。

気に入った曲があればぜひとも歌ってみてください!