もう人前で歌うのが怖くない!~「歌上手いね!」と言わせたい男性が、周りを魅了する歌声を手に入れるための自己ボイトレ講座~

「Laughter / Official髭男dism」の歌い方【音域】

「Laughter / Official髭男dism」について歌い方や音域を解説しました。
カラオケで歌う場合の参考にしてください。

自分のキーを知っているとより参考になります。自分のキーの判断方法は以下で説明しているので、調べてみましょう。

関連記事

このページではあなたの声のキーの高さを計測する方法について説明しています。歌える曲、歌えない曲で声域を確認しよう!●キーの高さ男性の一般的な声域はmid1D~mid2G#までです。アーティストによっては曲のキーが高い[…]

男性の平均的な声域

「Laughter / Official髭男dism」の楽曲データ

Laughter
Official髭男dism
2020/07/10 ¥255

アーテイストOfficial髭男dism
リリース2020/7/10
タイアップ映画「コンフィデンスマンJP -プリンセス編-」主題歌
総合難易度★★★☆☆
音程難易度★★☆☆☆
地声最低音mid1E(E3)※Aメロで登場
地声最高音hiB(B4)※Bメロ、サビ、Cメロで登場
裏声最高音hiE(E5)※Bメロで登場
スピードBPM80(やや遅め)
ラップなし
Laughterについて

2020年7月23日より放映されている映画「コンフィデンスマンJP-プリンセス編-」の主題歌に起用されました。
「コンフィデンスマンJP」は月9のドラマとして2018年に放送されていて、それの映画化主題歌となります。

歌詞の中では「ラフター」という鳥がいるような描写がされています。
ですが実際には「ラフター」という名前の鳥は存在しません。

これは主観ですが、鳥が鳥籠を壊して大空へと羽ばたいていくということを暗示するために「ラフター」という鳥のようなイメージをつけているものと思われます。

そのため歌詞には勇気づけるようなものが多く、元気をくれる歌詞が特徴的です。
アップテンポな調子の楽曲で、その中でも壮大なイメージの強い曲です。
スピードも遅く、高音にさえ目をつむれば歌いやすい曲になっています。

「Laughter / Official髭男dism」の構成と歌い方について

曲の構成
  • 1番:Aメロ→Bメロ→サビ
  • 2番:Aメロ→Bメロ→サビ
  • ラスト:Cメロ→ラストサビ
歌い方解説
Aメロ

前半はゆったりとしたスピードで音程も単調、そして歌いやすいパートです。
やや音域が高い部分があるものの、特に問題なく歌いきれると思います。
母音をしっかりと発声しつつ、そこでリズムを取って歌唱していきましょう。かなり余裕はあるパートですね。

最低音が多く登場するだけでなく、それ以外の部分もキーが低めです。
Official髭音dismにしてはかなり低い音が多めです。

後半はメロディは変わらないものの、キーが全体的に高くなり、高い音域が連発されます。
Aメロ全般を通じてしっかりとした発声が求められています。
母音の発声を強調しつつ、歌唱していきましょう

Bメロ

歌詞をやや敷き詰めがちになり、音程配置が複雑になり、歌いにくくなります。
一部張り上げる部分が多くなり、最高音もこのパートで登場します。

最高音は一瞬ですがhiE(E5)とずば抜けて高く、出す際に裏返ってしまいやすいです。
裏声での歌唱部分ですが、裏声ということを加味しても難易度は高めですね。

張り上げる部分の前にタメる部分があるので、そこで弾みをつけるイメージで歌唱するのがおススメです

サビ

音程は複雑に変化しますが、歌いやすい位置に配置されています。
一方でキーはかなり高めに設定されていて、喉へとダメージを与えてきます。

ほとんどがhiA(A4)やmid2G#(G#4)といった高音で構成されています。
高音が強ければ歌いやすい部分ですが、ある程度高音が得意な人でも苦しくなるような高さでしょう。

歌詞はやや敷き詰め気味ですので、流れるように歌唱していきましょう。

Cメロ

歌詞を敷き詰めたフレーズが続きます。音程配置は単調で歌いやすいです。
ただし途中で張り上げて歌う部分、そして後半ではキーの高い長めのロングバーも配置されています。

息継ぎをする暇があまりないので苦しくなりやすい部分です。
Cメロ前にしっかりとブレスをして備えていきましょう。

ラストサビ

転調はしません。サビがそもそも長いために繰り返しもありません。
最後ですので気合を入れて歌唱をしていきましょう。

カラオケで歌う場合の「Laughter / Official髭男dism」の総評

曲中での音域はmid1E(E3)~hiE(E5)とかなり広いです。
幅は2オクターブですが、地声最高音はhiBなので、地声の範囲ではやや狭くなります。
とはいえ地声最低音、地声最高音ともに世間一般の男性の音域から考えると高めです。

参考:男性の平均声域

男性の平均的な声域

音域は広めですが、AメロBメロサビというパート内では緩やかに上下します。
ただし全体的に音域は高めになっていて、高音が得意な人でも苦しさを感じるレベルです。
歌う場合はキーを2つか3つ下げると歌いやすくなります。

ちなみにOfficial髭男dismの曲の中ではキーは低めです。

Official髭男dismは多くの曲でhiCを最高音とする曲が多いので、それよりは僅かですがキーが低くなります。
とはいえOfficial髭男dismの他の曲と比べて低いだけで、世間一般的にはとても高いですが……。

もしもOfficial髭男dismの曲を歌いこなしたいと思っている場合は、足掛かりとして練習してみるのも良いと思います。

音程難易度は易しめとなっています。
音程配置はやや複雑ですが、かなり歌いやすいです。
息継ぎをする暇も十分にあり、余裕をもって歌うことができます。

リズムも取りやすいので、高音は問題ですが、それ以外の難易度は低めと言えます。
キーを下げることで一気に歌いやすくなる曲ですね。

以上を考慮して、

総合的な難易度ではやや易~普通になると感じました。