もう人前で歌うのが怖くない!~「歌上手いね!」と言わせたい男性が、周りを魅了する歌声を手に入れるための自己ボイトレ講座~

カラオケでカロリーを消費して健康維持!娯楽と運動を両立したダイエット!?

  • 2019年5月14日
  • 2019年10月12日
  • 練習法

どうも!ついに健康診断で「常日頃から運動をするようにしましょう」と指導医に言われた神田です(笑)

もう若くもありませんし、健康維持のため、体重維持のため、運動をしなきゃなと強く思っています。

ですが健康診断の帰りにカラオケ店の看板を見た私は思ってしまったのです。

「カラオケ……カラオケって運動にならないかな」

よくよく考えてみたら1人カラオケでノリノリで歌っていると汗かいてきますし、これ健康診断の項目の「1週間に1回30分は汗をかく運動をしている」に入りませんかね?(笑)

そんなわけで、そのまま電車を飛び降りてカラオケに行ってきました。

1曲当たりの消費カロリーは、大体10kcal?

何も考えずにカラオケに入りましたが、とりあえず最近はまっている「Lemon」でも歌唱してみることに。

歌い終わったときの消費カロリーの結果は……9.2kcal!まあまあな値ですね!

とはいえLemonは歌うのにある程度頑張る必要がある曲です。音域も広いですし、息継ぎをする暇もあまりない。

では、ひょっとしたらあまり頑張らないバラードならば消費カロリーは低いのかもしれない?

そう思い、次はKinki Kidsの「Anniversary」を入れてみました。ガチガチのバラードですし、5kcalくらいになってしまうかな?

なんて思っていたのですが……なんと、11.2kcal!下がるのかと思いましたが、上がりました。

いまいち方向性は分からないですが、曲の傾向によるのかな?なんて思いました。

ですがその後も大体10kcalくらいの値が出ましたね。1曲歌うのに消費するカロリーは約10kcalということらしいですね。

1時間一人カラオケした場合は、どれくらいのカロリーなのか?

1曲が10kcalということは、1時間で12曲は歌えるので、合計120kcalの消費量になります。

でもこれって、他の運動と比べてどのくらいの消費量なんでしょうか?

ジムでよく見るランニングマシーンとサイクリングマシンでの消費量を計算し、それと比較してみましょう。

ランニングマシーン、およびサイクリングマシーンでの消費カロリー一覧
※計算には国立健康・栄養研究所のデータを参考にしています。
※体重60kgで計算しています。

運動の種類1時間当たりの消費カロリー
ランニングマシーン620kcal
サイクリングマシーン428kcal

結果としてランニングマシーンの約1/5、サイクリングマシーンの約1/4となっています。

カラオケの消費カロリーもまあまあな値だといえるでしょう。

カラオケでは楽しくカロリー消費ができる!

結果としてカラオケは、ランニングやサイクリングよりはカロリー消費量が多くなることはありませんでした。(まあ、ならないのはなんとなく分かっていましたが(笑))

なのですが、カラオケにはランニング、サイクリングにはない点があります。それは楽しいということです!

以前にジムに通っていたときも、ランニングマシーンを使用したことはありました。

ですが、1時間は思った以上につらかったですね。音楽を聴きながらでも、やはり有酸素運動なので辛い部分はありました。

一方でサイクリングは楽ではあるのですが、1時間は結構長く、こちらは暇を持て余していましたね。よくテレビなんかをみて過ごしていました。

ですが、カラオケは楽しく歌えるので時間の流れが速いです。

もちろんカラオケだけしていればいいというわけではありませんが、1週間に1回30分以上の汗をかく運動、というのはカラオケで2時間歌い尽くすこととほぼ同じなのではないでしょうか?

そう考えると、カラオケ好きはそれだけで痩せやすいという事かもしれません!(言い過ぎかもしれませんが(笑)

カラオケで痩せることはできる!でも飲み物には注意!

カラオケでの1時間当たりの消費カロリーは大体120kcalです。

ですが、もしも減量目的でカラオケに行くなら飲み物には注意しないといけません。

あなたはジュースの中に含まれているカロリーがどれくらいかご存知でしょうか?

例えばカラオケのドリンクバーにおいてあるカルピス。カルピスは500mlペットボトルを購入すると、カロリーが書かれています。

カラオケ店においてあるカルピスのカロリー

「なんだ、45kcalなんて少ないじゃないか!」

そう思うかもしれませんが、よく見てください。これは100ml辺りです。つまり500mlのペットボトル1本でその5倍の225kcalとなります。

さて、カラオケの飲み放題のコップ一杯に仮に200ml入るとして、それだけで90kcalです。

つまり、1時間のカラオケ減量がカルピス一杯でほとんど無駄になるということです。

また、カラオケでは歌っているので、当然喉が渇きますよね?

そのためカルピスのようなジュースを何杯も飲むと、むしろカロリーは増えるばかり……

ですので、カラオケでの減量を目的とする場合にはお茶やコーヒーなどを口にするようにしましょう。

お茶やコーヒーならばカロリーは0kcalです。

このように、口にする飲み物に関してはそれまでのカラオケダイエットの効果をなくしてしまう可能性があるので注意しましょう。

以上のことにさえ注意すれば、それなりの運動量にはなっています!あなたもぜひカラオケで歌って健康維持や体重維持に努めてください!