もう人前で歌うのが怖くない!~「歌上手いね!」と言わせたい男性が、周りを魅了する歌声を手に入れるための自己ボイトレ講座~

カラオケのマイクに裏声が入らないときの対処法【裏声自体に問題があるかも?】

  • 2020年9月6日
  • 2020年9月6日
  • 裏声

どうも神田です!

マイクに裏声が入らないと困りますよね。
せっかく地声で気持ちよく歌っているのに、採点ゲームで音程バーが塗りつぶせないと困ります。

さて、先日以下のようなツイートをしました。

裏声をマイクが拾ってくれない場合、マイクが原因であることもありますが、裏声が原因の場合もあります。この場合の改善策としては

・裏声の経験値を上げる
・響かせる場所を意識してみる
・声量を上げるトレーニングを行う

などがあります。
こちらは記事で詳しく解説します

今回はこの件について掘り下げて見ていきましょう。

カラオケのマイクに裏声が入らないときの対処法

原因としては色々考えられます。
マイクの機材トラブルも考えられますが、ここでは無視します。

裏声自体に原因があるとする場合、それは

「裏声の声量が足りていない」

という問題です。
これを解決するための策は、全部で3つです。

  1. 裏声の経験値を上げる
  2. 響かせる部分を意識する
  3. 声量を上げる

それぞれについて、より細かく見ていきましょう。

裏声の経験値を上げよう

声量を考える場合、真っ先に思いつくのが経験値が足りていないことです。
まず地声と裏声を比べた場合、裏声はそもそも声量が出にくい発声法です。

しかし、裏声を使用することで経験値を積めば、芯のある綺麗な裏声へと変わってきます。
裏声は地声と違い、普段生活ではほとんど使用しません。
さらに曲でも使用する頻度は少ないので、経験値が不足している人がとても多いです。

裏声に関する練習法は以下のページにまとめてあります。
裏声をかなりの頻度で使用する曲へのリンクもありますので、ぜひとも参考にしてみてください。

関連記事

あなたは綺麗な裏声を出すことができますか? 「裏声がどうしてもかすれて小さな声になってしまう……」 「自分の裏声がなんか変だ……」 「うまく裏声に切り替えられない……」ひょっとしたらこんな悩みを抱えているのでは[…]

響かせる部分を意識しよう

2つ目の対策は今すぐにでもできる方法です。
発声には3つのステップがあります。

肺から空気を出します。肺から出た空気が声帯を震わせて声になります。声が口や鼻で響いて歌声になります。

このステップのうち、最後の響かせる場所を意識してみましょう。
ここを改善することで、裏声を響かせて大きくすることができます。

裏声を響かせる場合、口の奥の方を意識します。
口の奥から鼻へと抜ける道があるのですが、その手前あたりですね。

参考画像

裏声を響かせる位置の画像

画像の赤く○をした部分を意識すると高音の響きが良くなります。
成功させるのはなかなか難しいですが、意識をするだけでも変わってきます。

声量を上げる

最後の方法は、声量そのものを上げることです。
声量を上げれば、裏声の声量もおのずと上がるようになります。

声量を左右しているのは「斜披裂筋」「横披裂筋」という喉の筋肉です。
筋肉の名称は覚えなくてOKです。

この2つの筋肉を鍛えるのに有効な手段は、笑うことです。
その中でも、鼻声での笑い声を出すと、この筋肉が鍛えられます。

簡単に出来る方法なので、ぜひとも試してみて下さい。

無料note画像

カラオケのコツが詰まったnoteを
無料で手に入れよう!

LINE@に登録することで、カラオケのコツや練習法をまとめたnoteを無料でプレゼント!

1:1オンラインレッスンで効率的に上達しよう!

TwitterのDMから依頼すると、1:1オンラインレッスンを受けられます。
費用は無料です。まずは相談でも構いませんので、どうぞ!