もう人前で歌うのが怖くない!~「歌上手いね!」と言わせたい男性が、周りを魅了する歌声を手に入れるための自己ボイトレ講座~

カラオケの点数が60点台!どうすれば上がる?

  • 2019年11月22日
  • 2020年2月11日
  • 質問

どうも神田です!質問にて、

カラオケの採点での点数が、何を歌っても60点台なのですがどうすればいいでしょうか?

という質問を頂きました。質問ありがとうございます。

カラオケの採点がなんだったのか分からなかったので深く聞いたところ、どうやら「精密採点DX-G」のようですね。カラオケの機器に関してはDAMとJOY2つがありますが、どちらの採点でも60点台の場合、一番に修正すべきは音程です。

順に説明します。カラオケの採点ではさまざまな項目を採点しています。

・精密採点DX(DAMシリーズ)
①音程

②安定性
③表現力
④リズム
⑤ビブラート&ロングトーン
・分析採点(JOYSOUNDシリーズ)
①音程
②安定感
③抑揚
④ロングトーン
⑤テクニック

さまざまな項目がありますが、これらの項目のうち音程以外は無視してください。

あれもこれもと手を出す前に、まずは基本からです。そしてカラオケにおいては基本である音程が一番大事です。

その大事さゆえに精密採点でも分析採点でも音程に対する比重はかなり高いです。精密採点では高い音程の値で高得点は取れませんし、分析採点でも配点が高く、しかも他の項目にも影響を与えています。

そのためまずは音程が一番です。ほかの項目はいったん無視して音程だけを意識するようにしてください。

そして音程の値が低い場合は歌唱時に出てくる音程バーを合わせることがほとんどできていないと思います。


出展:第一興商 LIVE DAM Ai 精密採点Ai 歌唱時音程バー

上の画像のような音程バーできちんと音程バーを塗りつぶせていないと思います。なので、この音程バーを合わせられるようになるのが一番ですね。

それではどのように音程を合わせるか、その方法はつあります。

①カラオケで歌いやすい曲を選ぶ

まず最初は選曲です。あなたの知っている曲の中からもっとも簡単な曲を探してみましょう。

現在スマートフォンやiPodにある曲でなくても構いません。例えばですが「世界に一つだけの花」などは点数が取りやすいなと分かるでしょう。

そういった曲をなるべく多く用意するようにしてください。

②カラオケで歌いやすい曲を自室で口ずさむ

①で選んだ曲を自室で口ずさむようにしましょう。カラオケで上手くなるためには練習が大事です。

自室でなくても社内などでも構いません。口ずさむ場合は片耳にイヤホンをつけて、片耳には付けないようにしましょう。そうすることで自分の発声している声が流れてくるアーティストの音程と合っているかがつかみやすくなります。

この口ずさむ練習はできる限り長くやるようにしましょう。暇な時間を見つけて練習をする、くらいの気持ちで良いでしょう。

③実際にカラオケで歌ってみる

②で練習をした後は実践です。カラオケに通って練習をしましょう。この際採点ゲームは入れるようにして音程正確率が上がっていくかどうかを確認するようにしましょう。

これらの②~③を行うことで音程を上げることができます。この練習法を当サイトでは「3STEP練習法」と呼んでいます。以下の記事でさらに詳細に解説しているので、気になる場合は参照にしてください。

関連記事

あくまでも私個人の意見ですが、ある程度の歌唱力を求めるのにボイストレーニングを受ける必要はありません。もちろん、あなたが歌手になりたいという場合は別です。ですが、友人や知り合いと行くカラオケで人気者になりたい、合コンのカラオケで注目[…]

カラオケで人気者に!歌が上手くなるコツー3ステップ練習法を公開!のアイキャッチ画像

また、今回は音程のみを重視することでまずは60点台を脱出することを目的としています。音程をしっかりと合わせることができるだけで、80点台までは上げることができるはずです。

20点も差がありますが、そのくらい音程は点数に大きな影響を与えます。かといって80点が取れるようになるとさらに先の点数が欲しくなるもの。やがては90点も狙いたいですよね。

当サイトでは90点を取るための効率的な練習法も紹介しています。あくまでも音程をある程度合わせられるようになって80点が取れるようになったらですが、さらに上を目指す場合は参考にしてください!

関連記事

精密採点DX、あるいはDX-Gで90点はなかなか出ませんよね?1回出ても次はダメだったりすることもありませんか?それはあなたが下手だからではなく、採点について知らないことがあるからです。歌い方ではなく、知識の問題なのです。採点の仕組[…]


また、カラオケに関する質問は常に受け付けています。どの質問も記事にして返信していますが、順番制となりますので、ご了承ください。質問は以下のボタンからどうぞ!

また返答した質問は以下のページでまとめてありますので、こちらも参考にしてください。