もう人前で歌うのが怖くない!~「歌上手いね!」と言わせたい男性が、周りを魅了する歌声を手に入れるための自己ボイトレ講座~

LUNA SEAの曲を紹介!70年代、80年代生まれの人に刺さる!

どうも神田です!今回はLUNA SEAのオススメ曲についてまとめました!70年代、80年代生まれの男性の方だと知っている曲が多いかもしれません。

あなたがそういった年代でなかったとしても、そういった年代の方と一緒にカラオケに行く機会があるかもしれないので、ぜひとも参考にしてください!

※今回紹介する曲のキーと同じ最高音を持つ有名な曲の一覧は以下のようになります。

キー男性曲女性曲
mid2EPOISON/反町隆史
虹/福山雅治
mid2F#世界に一つだけの花/SMAP
桜坂/福山雅治
I LOVE YOU/尾崎豊
mid2G愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない /B’z
チェリー/スピッツ
粉雪/レミオロメン
mid2G#TSUNAMI/サザンオールスターズ
YAH YAH YAH / CHAGE and ASKA
名もなき詩/Mr.Children
春よ、来い/松任谷由実
真夏の夜の夢/松任谷由実
hiA愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない /B’z
チェリー/スピッツ
粉雪/レミオロメン
まちぶせ/石川ひとみ
川の流れのように/美空ひばり
hiA#TSUNAMI/サザンオールスターズ
YAH YAH YAH / CHAGE and ASKA
名もなき詩/Mr.Children
地上の星/中島みゆき
secret base ~君がくれたもの~ / ZONE
hiBtomorrow never knows/Mr.Children
Innocent world/Mr.Children
LOVE PHANTOM/B’z
TOMORROW / 岡本真夜
ハナミズキ/一青窈
明日への扉/I WISH

自分のキーを知っているとより参考になります。自分のキーの判断方法は以下で説明しているので、調べてみましょう。

関連記事

このページではあなたの声のキーの高さを計測する方法について説明しています。歌える曲、歌えない曲で声域を確認しよう!●キーの高さ男性の一般的な声域はmid1D~mid2G#までです。アーティストによっては曲のキーが高い[…]

男性の平均的な声域
各曲の難易度まとめ
曲名音程地声最高音裏声ラップ
I for YouhiAなしなし
BEILIEVEmid2Gなしなし
WISHmid2Gなしなし
gravitymid2Eなしなし
STORMmid2F#なしなし
TONIGHTmid2G#なしなし
TRUE BLUEmid2Gあり(hiB)なし
ROSIERmid2G#なしなし
UP TO YOUhiAなしなし

※色は難しさ。赤>黒>緑の順に難しくなります。赤が多いものは難易度が高めの曲となります。例えば音程練習をする場合は、入門では「易」を、上級は「難」を選ぶようにしましょう。

※当サイトでは多くの曲を実際にカラオケで歌った分析コメントと共に掲載しています!以下が一覧になりますので、こちらもご利用ください!

LUNA SEAのおススメ曲

I for You【hiA】

I for You
LUNA SEA
¥250

1998年にリリースされたシングル曲です。ドラマ「神様、もう少しだけ」の主題歌にも起用されていて、Mr.Childrenの曲の中では知名度は高めの部類に入る曲です。売上枚数が100万枚を越えていることからも、よく音楽番組でも取り上げられる曲ですね。

ゆったりとしたバラードソングとなっていて、曲のスピードは速くなく、息継ぎもしやすい一曲です。

AメロBメロはそこまで音程配置が複雑ではありません。Aメロはキーも低いですが、一部分だけ高いところがあります。Bメロあたりからキーがだんだん高い部分が出てきますね。フレーズの最後はロングトーンになっている部分が多いのでしっかりと決めていきましょう。

サビではキーが上がり、高めのキーが頻出します。音程は簡単になりますが、キーが上がり、ロングトーンも出現するので辛くなりがちです。最高音のキーは出てきませんが、それに近いキーが登場しています。

Cメロがあるのですが、ここがロングトーンの連続となっているので、歌唱前は必ず息を吸って準備をするようにしましょう。ここで最高音のhiAが出てきます。

最後はキーの低いロングトーンで終了ですね。裏声はありませんが、ロングトーンの高いレベルが要求されている曲と言えるでしょう。

かなり知名度の高い曲なので練習する価値は十分にあるといえます。特に70年代、80年代生まれの人と行くときに披露すると共感を得られやすいです。ぜひともマスターしてカラオケで披露しちゃいましょう!

BEILIEVE【mid2G】

Believe
LUNA SEA
¥250

1993年にリリースされたシングル曲です。LUNA SEAの記念すべき1枚目のシングル曲ですね。

かなり疾走感のある曲です。スピードが速く、歌詞を敷き詰めている曲ですね。最初はいきなりサビから始まるので注意が必要です。慌てないようにしましょう。

AメロBメロは音程配置が少し複雑で、キーも高い部分があります。速いスピードと敷き詰められた歌詞で音程を外す可能性が高いです。

サビも同様に音程配置が難しく、曲全体を通してかなり忙しない印象がありますね。スピードに乗って音程を合わせられる技術が求められます。

最大の問題はラストサビで、ここに裏声のhiBのキーがあります。またラストサビは繰り返しがあり、そのため裏声も2度登場することになります。裏声以外の部分についてもキーが高く、苦しくなりやすいですね。

LUNA SEAの曲の中ではかなり難易度が高い部類に入ります。自分のレベルアップのために練習してみるのも良いでしょう!

WISH【mid2G】

Wish
LUNA SEA
¥250

1992年にリリースされたアルバム「IMAGE」に収録されている1曲です。LUNA SEAのライブではこの曲でラストとなるのが恒例で、ファンからは根強い人気のある曲です。

ライブの最後で歌うような疾走感のある、かつ歌っていて楽しい曲となっています。カラオケのメンバーがこの曲を知っていればノってくれることは間違いないでしょう。

カラオケという観点で見ると、曲全体を通して音程難易度が高めに設定されています。また、AメロBメロとサビの区別がつきにくいのも特徴的ですね。気づいたらサビが始まっているような構成になっています。

音程の難しいところは、急に音程が上がったり下がったりする部分です。段々と下がっていくのではなく、いきなり下がるので外しやすいですね。またスピードも速く、歌詞をある程度詰め込んでいるため、そういった意味でも音程を合わせようと意識する暇がなく、外しやすいです。

音程に関してはなかなかの難易度ですが、最高音キーはmid2Gとそこまで高くはありません。これだけが救いかもしれませんね。

皆で盛り上がれる曲です。ノリの良い知人がいるカラオケなどで披露すると喜ばれるでしょう。気に入った場合はマスターしてみてください!

gravity【mid2E】

Gravity
LUNA SEA
¥250

2000年にリリースされたシングル曲です。ホラー映画、および同ドラマ「アナザヘヴン」の主題歌にも起用されている曲です。

ホラー関連の曲と聞くとちょっとダークな印象を思い浮かべるかもしれませんが、この曲はどちらかというとゆったりとしたバラード調の曲です。

カラオケの観点で見ると曲のスピードは遅く、歌詞も敷き詰めていないので息継ぎはしやすいです。また曲全体を通して音程もかなり簡単で、配置が複雑なところはほとんど無いと言えます。

Cメロはなく、2番のサビが終わった後は伴奏を挟んでラストのサビへ移行します。バラード系の曲のほとんどに言えることなのですが、ロングトーンが多いのでそこはしっかりと決めていきたいですね。

キーもmid2Eと低く、裏声といった難しめの技術も使用していません。特に難しいところはないので、高得点を取るのに向いていますね。高い点数が取りたい場合におススメです。

STORM【mid2F#】

Storm
LUNA SEA
¥250

1998年にリリースされたシングル曲です。音楽番組の主題歌として起用されていますが、それよりも売上枚数70万枚とLUNA SEAの曲のなかではTOPの売上を誇るので知名度は高めです。

Aメロではほぼすべてのフレーズの最後がロングトーンになっています。キーは低く、音程は簡単なのですが、スピードは速めで音程は外しやすくなっています。

サビに移動すると一気にリズムに乗って歌いやすくなります。フレーズ最後のロングトーンはなくなり、音程も簡単なので特に問題なく歌えると思います。

気を付けるべきはサビの最後にある長めのロングトーン2連発で、これがかなりの長さとなっていてロングトーンをミスしやすい箇所です。

ロングトーンのキーは高くないので、しっかりと息を吸わずに吐ききっていきましょう。AメロBメロの方がサビよりも難しい曲です。キーも低めなので、声出しに使用する、といった使い方もできますね。

TONIGHT【mid2G#】

Tonight
LUNA SEA
¥250

2000年にリリースされたシングル曲です。演奏時間が短いのが特徴的で、3分程度しか演奏時間がありません。

Cメロがなく、AメロBメロサビのみで構成されています。短いということからなんとなくわかるかもしれませんが、実は採点で高得点が狙いやすい曲です。

スピードは速いですが、音程の配置は単調です。音程の変化が少なく、容易に合わせることができるでしょう。

ただしサビではキーが少し高いと感じるかもしれません。また各フレーズの最後にロングトーンがあり、そこで苦しくなって息を吸わないように注意したいですね。

非常に疾走感がある曲で、苦しい部分はあるのですが、曲の時間が短いのでそこまで苦にはなりません。

かなり歌いやすい曲なので、気に入ったらぜひともカラオケで練習してみてください!

TRUE BLUE【mid2G】

True Blue
LUNA SEA
¥250

1994年にリリースされたシングル曲です。LUNA SEA初のオリコン1位を獲得した曲であり、今回紹介する曲の中では知名度が高い部類に入る曲です。

曲としてはアップテンポ系統なのですが、どこかダークな印象のある不思議な曲です。こういう不思議な感じが人気の秘密なのかもしれませんね。

注意すべきは、ほぼすべてのフレーズの最後がロングトーンになっている点です。そのため各フレーズで息継ぎをしっかりとしないとロングトーン部分で苦しくなりやすいです。

なのですが、曲のスピードは速めで、歌詞もある程度敷き詰めているために息継ぎがしにくいというなかなかに厳しい構成の曲です。一瞬で十分なほどのブレスができる技術が必要になります。

音程配置も曲全体を通してかなり複雑です。急に上がったり下がったりの音程もありますし、曲のスピードは速いので音程を外しやすいですね。

またスピードについていこうとするとリズムを狂わせやすいので、しっかりと自分の頭の中にある音を再生して歌っていきたいところです。

最高音のキーは裏声でhiBとかなり高めです。地声最高音はmid2Gですが、それに近いmid2Gやmid2F#などのキーは頻繁に登場するので、それなりの肺活量が求められますね。

しっかりと歌っていく必要があるなかなかに難しい曲だといえるでしょう。知名度はあるので、マスターして披露するだけでも「すごい曲歌うなぁ」といった言葉を引き出すことができますよ!

ROSIER【mid2G#】

Rosier
LUNA SEA
¥250

1994年にリリースされたシングル曲です。タイアップをしている曲ではないのですが、とある事情で有名な曲だったりします。

というのも、ライブの際にメンバーの一人がラップ部分を歌い終えた後にスタンドマイクを後ろに放り投げるという驚きのパフォーマンスをするからです。

そしてこのライブ映像はなんとLIVE DAMで見ることができます。カラオケの歌唱画面をライブ映像に変更することができ、そのときにこのパフォーマンスを見ることができます。

「ROSIER」と検索して「日本武道館」というタイトルがついているものが出てきたらそれですので、ぜひとも一度歌ってみてください。

カラオケという観点で見ていきましょう。曲そのものに疾走感がすごくあり、歌っていて楽しい曲となっています。ただし音程配置はかなり複雑で、常に音程が変化していると言っても過言ではないくらいです。

サビになると早口になりますし、そのせいで音程も合わせにくくなります。キーはLUNA SEAの他の曲と比べるとそこまで高くはないです。

ぜひとも覚えてライブ映像でカラオケで歌ってみて下さい。かなり楽しく、ノリノリで歌うことができますよ!

UP TO YOU【hiA】

Up To You
LUNA SEA
¥250

1998年にリリースされたアルバム「SHINE」のラストに収録されている1曲です。アルバムですが、歌番組「ミュージックステーション」でも披露されたことのある1曲で、知名度はそれなりに高めですね。

ゆったりとしたペースの曲です。バラードというよりは壮大な曲というイメージですね。

音程の配置は単調ではないのですが、曲のスピードが遅いので音程は合わせやすいです。AメロBメロはキーが低いものの、ロングトーンは多めなので低音に自信がない場合は要注意ですね。

サビ、およびCメロがキーが高くなっています。特にCメロからのラストサビはキーの高いロングトーンが頻繁に出現するので喉へのダメージが蓄積されていきます。

どちらかというと肺活量との勝負になる曲です。Cメロからラスとサビにかけて熱唱することで回りを魅了することができる曲です。大きな声で歌っていきましょう!

LUNA SEAのおススメ曲 ~おわりに~

以上LUNA SEAのおススメ曲でした。曲にもよりますが、地声の最高音が低めの曲がいくつかあり、高いキーが苦手な場合にも練習曲として使用できる曲が多めです。

一方でかなり難しめの曲もあり、難易度の差が激しいアーティストですね。難易度の高い曲に関しては避けた方が無難でしょう。

自分に活用できそうなものを見繕ってみてください。

無料note画像

カラオケのコツが詰まったnoteを
無料で手に入れよう!

LINE@に登録することで、カラオケのコツや練習法をまとめたnoteを無料でプレゼント!

SNSでカラオケに関する新しい情報を
受け取ろう!

Twitter、Facebookにて更新情報やカラオケの新しいネタなどを精力的に配信しています。
お使いのSNSで登録すれば、情報がお手元にすぐに届きます