もう人前で歌うのが怖くない!~「歌上手いね!」と言わせたい男性が、周りを魅了する歌声を手に入れるための自己ボイトレ講座~

「ENDLESS RAIN / X JAPAN」の歌い方【音域】

  • 2020年10月5日
  • 2020年10月9日
  • X JAPAN

「ENDLESS RAIN / X JAPAN」について歌い方や音域を解説しました。
カラオケで歌う場合の参考にしてください。

自分のキーを知っているとより参考になります。自分のキーの判断方法は以下で説明しているので、調べてみましょう。

関連記事

このページではあなたの声のキーの高さを計測する方法について説明しています。歌える曲、歌えない曲で声域を確認しよう!●キーの高さ男性の一般的な声域はmid1D~mid2G#までです。アーティストによっては曲のキーが高い[…]

男性の平均的な声域

「ENDLESS RAIN / X JAPAN」の楽曲データ

ENDLESS RAIN
X
1989/12/01 ¥255

アーテイストX JAPAN
リリース1989/12/1
タイアップ映画「ZIPANG」テーマソング
総合難易度★★★★☆
音程難易度★★☆☆☆
地声最低音mid1F#(F#2) ※Aメロで登場
地声最高音hiD(D5) ※サビで登場
裏声最高音なし
スピードBPM78(標準的な速さ)
ラップなし
ENDLESS RAINについて

1989年12月1日にリリースされたシングル曲です。
X JAPANのシングル第4弾です。
前作「」からちょうど3か月後のリリースになります。

」と同じくライブではよく歌われる曲として有名でした。
その際はファンと一緒に合唱するのが通例でしたね。

「ENDLESS RAIN」は英語で「終わらない雨」という意味です。
歌詞中にも雨を連想させるフレーズが非常に多く登場します。

YouTubeにて、公式チャンネルがPVを公開しています。
再生回数は400万回を越えています。

典型的なバラードソングで、最初から最後まで静かなメロディが続きます。
しんみりとした伴奏になっていて、それとTOSHIさんの歌声が融合して独特な世界観を作り上げるナンバーです。

ちなみにですが、カラオケにおいて原曲キーが異常に高く設定されている曲です。
+4や+5でようやく原曲キーになるカラオケ機種が多めです。
ほとんどの曲は±0で原曲キーがほとんどなので、珍しいですね。

「ENDLESS RAIN / X JAPAN」の構成と歌い方について

曲の構成
  • 1番:Aメロ→Bメロ→Aメロ→Bメロ→サビ
  • 2番:Bメロ→サビ
  • ラスト:Aメロ→Bメロ→ラストサビ
歌い方解説
Aメロ

Aメロらしく、キーは低めになっています。
地声最低音のmid1F#(F#3)が多く登場し、
キーは上がってもmid2D#までです。

低音から中音への変化は急激ですが、
変化後の音程は横一直線であったり、緩やかです。
急激な変化の部分が外しやすいですね。

全体的に力を抜いて、優しい歌声で歌唱していきます。
呟くように歌唱できると良いですね。

ゆったりとしたペースなので、リズムは取りやすいいでしょう。
力を入れすぎないように注意して、Bメロへと移動していきましょう。

Bメロ

Bメロそのものは短いですが、前半で張り上げて歌う部分があります。
その部分でmid2G#(G#4)の高音まで到達します。
一方でそれ以外の個所は低めのキーが多めになっています。

音程変化がやや複雑で、頻繁に音程が上下に変化します。
急激な変化はないものの、何度も変化するので細かい部分を外しやすくなっています。

最初の張り上げる部分で力を入れます。
その状態のまま残りのパートも歌っていきます。
音域的にはAメロよりも低い印象ですが、力を入れて響きを意識していきましょう。

低音を響かせるために、母音を伸ばす部分の発声に注意するとらしさが出ます。

サビ

基本的に高音域から成るパートです。
キーはかなり高く、中心となる音はhiB(B4)です。
それ以外にもhiC#(C#5)といった高音も多く登場します。

2番のサビで2フレーズ追加され、そこで地声最高音のhiD(D5)が登場します。
このキーはかなり高いキーで、ロングトーンという形で登場します。

ほぼ高音ゆえに、音程の変化は激しくありません。
高音を維持することに意識を向けていきましょう。

タイトルコールのみリラックスして力を抜いて発声します。
キーは高いですが、軽い調子で、自然な感じで出せると良いです。
その後は軽く叩きつけるような感覚で歌唱していきます。
力強い歌唱が特徴的で、対比ができると一段階上の演出ができます。

Cメロ

ありません。

ラストサビ

転調はありませんが、繰り返しが全部で3回あります。
当然かなり苦しくなることが予想されます。
1番のサビの時点で苦しい場合は歌いきるのは難しいでしょう。
その場合は後述のキー調整も参考にしてください。

カラオケで歌う場合の「ENDLESS RAIN / X JAPAN」の総評

曲中での音域はmid1F#(F#3)~hiD(D5)とやや広めです。
地声最高音がhiD(D5)で、裏声は使われていません。
高音が男性の平均的な音域を大きくオーバーしています。

参考:男性の平均声域

男性の平均的な声域

パート内部で、音域は激しく変化しません
高い部分は高い、低い部分は低いと分かれています。

地声最高音はhiD(D5)で、2番のサビで登場します。
サビに対して追加され、単音とロングトーンの両方で登場です。
サビでは中心の音がhiBだったりと、それ以外にも高音の登場頻度が酷いです。

地声最低音はmid1F#(F#3)となっています。
Aメロで登場し、一瞬ではなく頻度は多めです。
そのため、安定して出せることが望ましいです。

低音域に関してはやや余裕があるので、キーを下げることを考慮しましょう。

キーは5つ~6つ下げるのがおススメです。

これで地声最高音がmid2G#(G#4)付近になり、歌いやすくなると思います。
それ以外の部分も一気にキーが下がるので、余裕が出てくるはずです。

ただし、6つキーを下げると地声最低音がmid1C(C3)まで下がります。
ここまで下がると人によっては苦しく感じるでしょう。
さらに、下げすぎると楽しめなくなるという可能性もあります。

高音が得意な人は、キーを下げるのを4程度に抑え、
最高音をhiA#などに設定したほうが楽しめるかもしれません。

音程難易度はやや易になります。
ゆったりとしたペースゆえに、歌いやすい曲です。
音程が難しい部分もありません。
とはいえ急激に変化する音程はあるので、とても簡単とは言えません。

高音がきついので、その中での表現が難しいです。
とはいえキー調整を行えば余裕も生まれるので、やりやすくなるでしょう。

以上を考慮して、

総合的な難易度ではやや易~やや難になると感じました。

当然ですが原曲キーで歌唱する場合は難易度が上がります。
上がるというよりも、そもそも歌いきれるのか、というそういった問題が出てきます。
高音を維持すると余裕がなくなりやすく、音程を外してしまうこともあるでしょう。

X JAPANの曲は、キー調整をするのが基本とも言えます。
そのままのキーで歌唱するには、一部の曲を除いて不可能に近いでしょう。
ですが高音以外の要素はそこまで難しくはありません。

とくに「ENDLESS RAIN」のようなバラード曲は音程が簡単で、スピードがゆったりとしていることが多いです。
余裕をもって歌唱ができるので、歌いやすい曲です。

自分が楽しめるキーを見つけて、カラオケで披露するのが良いですね。