もう人前で歌うのが怖くない!~「歌上手いね!」と言わせたい男性が、周りを魅了する歌声を手に入れるための自己ボイトレ講座~

カラオケのジョイ採点のロングトーンについて【違いに注意!】

神田です。

以前DAMの精密採点のロングトーンについて述べました。
しかし、カラオケの機種と言えばDAMともう一つありますよね?
そう、ジョイサウンドです。

先日以下のようなツイートをしました。

JOYSUNDの分析採点マスターのロングトーンは精密採点とは仕組みが根本的に異なります。
というより、音程バーの長さがJOYSOUNDだとそもそもおかしいんですよね。
そのため分析採点マスターでとても高いロングトーンの点数を取るには、「あること」をしなくてはなりません。

こちらは記事で紹介します

今回はカラオケのジョイサウンドの分析採点のロングトーンの仕組みについて紹介します。
どのように点数を決めているのか?
どうすれば点数が上がるのか?

などを掲載するので、参考にしてください。

カラオケのジョイ採点のロングトーンについて

ジョイサウンドシリーズの代表的な採点機、「分析採点マスター」では、ロングトーンを10点満点で評価しています。


出展:エクシング JOYSOUND MAX GO 分析採点マスター ロングトーン

後程詳しく説明しますが、10点中何点なのかが総合点に直接影響します。
DAMの採点では間接的に影響を与えていたので、これがまず大きなジョイ採点の違いですね。

ロングトーンの点数を大きく決めるのは歌唱の場合と同じです。
つまり

  1. ロングトーンの最中に音程が変化していない
  2. ロングトーンの最中に息を吸っていない

の2点が大切です。
この点に関してはジョイとDAMは同じですね。
つまりDAMの採点で遊んでいて、ロングトーンで高評価が取れるなら、「8点/10点」くらいは取りやすいということになります。

目標とする点数が何点かにもよりますが、
「ジョイの分析採点で90点を取りたい!」
ということならばこれで十分です。

ロングトーンの身に着け方については以下の記事がTOPページになっています。
ロングトーンとは何か?どのように習得するか?おススメの練習曲はなにか?
などをまとめてありますので、ロングトーンを習得したい人は参考にしてください。

余談ですが、このテクニックはDAMでもジョイでも共通なので、習得しておくとかなりお得です。

関連記事

どうも神田です。「カラオケでロングトーンを習得したい!」という人向けにまとめページを作成しました。ロングトーンの習得方法や、それに向いている練習曲、さらには採点でロングトーンの高評価をもらう方法についてもまとめています。ぜひ[…]

満点を取るにはどうすればいい?

念のために述べておきますが、ジョイのロングトーンで「10点/10点」を取るのは難しいです。
まず、ロングトーンの長さが原曲とは異なります。
採点をしてみればわかりますが、カラオケのジョイの分析採点の音程バーがかなり長く感じるはずです。

そして満点を取るには「見えない長さのロングトーンを出し続けて、そこで切る必要があります」

どういうことかというと、ジョイの採点の音程バーは目に見えている部分と見えていない部分があり、
ロングトーンは見えていない部分を参照しています。

そのため、何度も同じ曲を歌唱して、どのロングトーンが減点されているかを探す必要があります。
当然初見で満点を取るのはほぼ不可能ですし、点数を上げていくのには多大な努力が必要になります。

98点や100点のような超高得点を目指す場合にしか必要ではないので、
90点を狙うのであれば、ロングトーンに関しては深く考える必要はありません。
上で紹介した2つの点を注意してください。

カラオケのジョイ採点の総合点にロングトーンが占める割合は?

分析採点マスターでは、それぞれの要素を加算して総合得点を出します。

JOYSOUND MAX GOの採点画面2
出展:エクシング JOYSOUND MAX GO 分析採点マスター 採点結果画面

上の採点結果では

  • 音程:39.773
  • 安定感:28.827
  • 抑揚:14.759
  • ロングトーン:8.681
  • テクニック:4.836

を合計して総合得点が「96.876」点となっています。

それぞれの項目には最大点があり、それぞれ

  • 音程:40点
  • 安定感:30点
  • 抑揚:15点
  • ロングトーン:10点
  • テクニック:5点

となっています。ロングトーンの占める割合は低く、下から2番目です。
そのため、ロングトーンに力を入れて点数を上げるよりは、音程や安定感に力を入れたほうが点数は伸びやすいです。

もしも90点を狙っているのであれば、
「ロングトーンは8点が取れれば上出来!」
と思うようにしましょう。

ロングトーンでさらに高い点数を目指すのは、どちらかというと98点~100点を目指す場合です。
それこそ、音程や安定感で満点近くが取れるようになってからですね。

もう一度掲載しますが、高得点が欲しい場合は歌唱力と同じくロングトーンの技術を習得すればOKです。
テクニックをマスターするには以下のページを参考にしてください。

関連記事

どうも神田です。「カラオケでロングトーンを習得したい!」という人向けにまとめページを作成しました。ロングトーンの習得方法や、それに向いている練習曲、さらには採点でロングトーンの高評価をもらう方法についてもまとめています。ぜひ[…]