もう人前で歌うのが怖くない!~「歌上手いね!」と言わせたい男性が、周りを魅了する歌声を手に入れるための自己ボイトレ講座~

「楓 / スピッツ」のカラオケでの歌い方【音域】

「楓 / スピッツ」についてカラオケでの歌い方や音域を解説しました。カラオケで歌う場合の参考にしてください。

「楓 / スピッツ」の楽曲音域データ

アーティストスピッツ
リリース
1998/7/7
タイアップ
TBS系「COUNT DOWN TV」OPテーマ
総合難易度★★★★☆
音程難易度★★☆☆☆
地声最低音mid1F(F3)
地声最高音hiA#(A#4)
裏声最高音なし
スピードBPM80(標準的な速さ)
ラップなし
楓 について

1998年7月7日にリリースされたシングル曲です。スピッツの19作目のシングルになります。

シングルとしての売り上げは振るいませんでしたが、今なお根強い人気を誇る一曲です。カラオケランキングでは「ロビンソン」「チェリー」「空も飛べるはず」といった曲に次ぐ順位についています。

上記3曲はミリオンヒット曲ですが、この「楓」は20万枚程度の売り上げであることを考えると、じわじわと人気に火がついていったようですね。

YouTubeに公式チャンネルがPVを投稿しています。
再生数は2022年10月現在、6500万回を突破しています。こちらでも上記3曲に次ぐ第4位の再生回数となっています。

PVは緑や青のライトで照らされた草野さんが歌う映像になっています。カラオケでも流れますので、見覚えがある人も多いでしょう。

「楓」は落ち着いたメロディながら、サビで優しい高音を響かせる、なかなかに難しいナンバーです。

「楓 / スピッツ」カラオケでの歌い方について

曲の構成
  • 1番:Aメロ→Bメロ→サビ
  • 2番:Aメロ→Bメロ→サビ
  • ラスト:ラストサビ

曲中での音域はmid1F(F3)~hiA#(A#4)と標準的な広さです。
地声最高音はhiA#(A#4)で、裏声は使われていません。男性の平均的な音域から考えると、上に少しずらした形になります。

参考:男性の平均声域

男性の平均的な声域

曲がバラード調で、全体を通してスピードがゆっくりで息継ぎはしやすい曲です。

Aメロはキーがかなり低く、音程の変化が少ないので歌いやすさを感じます。

Bメロは急に音程が上がる部分があるのでここで声が裏返らないように注意しましょう。Bメロからロングトーンが多くなってきます。

サビではキーの高いロングトーンが連発し、これがかなり長いロングトーンで、一気に喉のダメージが蓄積されます。次第に下がってくる音程が特徴的です。

音程を合わせようと思うと外しやすいので、むしろ音程バーを見ないでリズムに乗って歌った方が外しにくいのは覚えておくと良いでしょう。

最高音はラストのサビに一瞬だけ登場します。高いキーの長いロングトーンの後に一瞬だけ登場するのでキーを持ち上げにくいですね。無理に合わせず、きつい場合は諦めてしまいましょう・・・。

「楓 」は最高音こそhiA#で、この曲よりも高い曲は多いですが、スピッツの曲の中では最もつらい曲だと私は考えています。自分の限界を知りたい場合に試しに入れてみてください。

自分のキーを知っているとよりカラオケが楽しくなります。

自分のキーの判断方法は以下で説明しているので、調べてみましょう。

関連記事

このページではあなたの声のキーの高さを計測する方法について説明しています。自分の声の高さを知ろう!専用システムで音域(声域)チェック!音域(声域)を知る際に、「音域チェッカー」を使用します。音域チェッカー「音域チェッカー[…]

カラオケのコツが詰まった教科書で
さらにレベルアップ!

詳細かつ丁寧な解説で、歌唱力も採点の点数もアップさせて、カラオケで注目を集めよう!