もう人前で歌うのが怖くない!~「歌上手いね!」と言わせたい男性が、周りを魅了する歌声を手に入れるための自己ボイトレ講座~

「空も飛べるはず / スピッツ」のカラオケでの歌い方【音域】

「空も飛べるはず / スピッツ」についてカラオケでの歌い方や音域を解説しました。カラオケで歌う場合の参考にしてください。

「空も飛べるはず / スピッツ」の楽曲音域データ

アーティストスピッツ
リリース
1994/4/25
タイアップ
フジテレビ系ドラマ「白線流し」主題歌
総合難易度★★★☆☆
音程難易度★★☆☆☆
地声最低音mid1G(G3)
地声最高音hiA(A4)
裏声最高音なし
スピードBPM115(やや速い)
ラップなし
空も飛べるはず について

1994年4月25日にリリースされたシングル曲です。スピッツの8作目のシングルになります。

元々はあまり知名度が高くなく、オリコン順位も低かったのですが、リリースから2年後にドラマの主題歌に起用され、再販することで人気に火が付きました。

結果として140万枚を突破するミリオンヒットとなっています。今では「ロビンソン」「チェリー」と同様にスピッツを代表する一曲ですね。

YouTubeに公式チャンネルがPVを投稿しています。
再生数は2022年10月現在、8400万回を突破しています。スピッツ公式チャンネルでも上位の再生回数です。ちなみにカラオケでもよく流れるので、見たことがあるかもしれません。

「空も飛べるはず」は終始アップテンポな調子で進んでいく、口ずさむようなナンバーとなっています。

「空も飛べるはず / スピッツ」カラオケでの歌い方について

曲の構成
  • 1番:Aメロ(2回)→Bメロ→サビ
  • 2番:Aメロ→Bメロ→サビ
  • ラスト:ラストサビ

曲中での音域はmid1G(G3)~hiA(A4)とかなり広いです。
地声最高音はhiA(A4)で、裏声は使われていません。男性の平均的な音域から考えると、上に少しだけ広がっています。

参考:男性の平均声域

男性の平均的な声域

リズムに乗って歌いやすい曲となっています。

AメロBメロサビ全てを通してスピードはゆっくりで、息継ぎをする暇も十分にあります。ただしキーは高めで、Bメロからサビにかけて高いキーが連発されます。

最高音はhiAで、このキーはサビで頻繁に登場します。またサビには最低音も登場するので落差がかなり激しいのが特徴です。歌いにくさを感じるかもしれません。

とはいえ高音さえ何とか出来るのならば、カラオケ中盤で入れても良い雰囲気になる曲です。

「空も飛べるはず 」は良い曲なので、覚えておいて損はありませんね。

自分のキーを知っているとよりカラオケが楽しくなります。

自分のキーの判断方法は以下で説明しているので、調べてみましょう。

関連記事

このページではあなたの声のキーの高さを計測する方法について説明しています。自分の声の高さを知ろう!専用システムで音域(声域)チェック!音域(声域)を知る際に、「音域チェッカー」を使用します。音域チェッカー「音域チェッカー[…]

カラオケのコツが詰まった教科書で
さらにレベルアップ!

詳細かつ丁寧な解説で、歌唱力も採点の点数もアップさせて、カラオケで注目を集めよう!