もう人前で歌うのが怖くない!~「歌上手いね!」と言わせたい男性が、周りを魅了する歌声を手に入れるための自己ボイトレ講座~

「アンビリーバーズ / 米津玄師」の歌い方【音域】

「アンビリーバーズ / 米津玄師」について歌い方や音域を解説しました。
カラオケで歌う場合の参考にしてください。

自分のキーを知っているとより参考になります。自分のキーの判断方法は以下で説明しているので、調べてみましょう。

関連記事

このページではあなたの声のキーの高さを計測する方法について説明しています。歌える曲、歌えない曲で声域を確認しよう!●キーの高さ男性の一般的な声域はmid1D~mid2G#までです。アーティストによっては曲のキーが高い[…]

男性の平均的な声域

「アンビリーバーズ / 米津玄師」の楽曲データ

アンビリーバーズ
米津玄師
2015/09/02 ¥255

アーテイスト米津玄師 ※クリックで曲一覧へ
リリース2015/9/2
タイアップスポーツ用品「WAVE ENIGMA 5」CMソング主題歌
総合難易度★★★☆☆
音程難易度★★★☆☆
地声最低音mid1A#(A#2)※Aメロで登場
地声最高音mid2G#(G#4)※サビで登場
裏声最高音hiA#(A#4)※サビで登場
スピードBPM133(やや速い)
ラップなし
アンビリーバーズについて

2015年9月2日にリリースされた米津玄師さんのシングル第4弾です。
スポーツ用品の「WAVE ENIGMA 5」のCMソングに起用されています。
ちなみに「WAVE ENIGMA 5」はスポーツシューズのブランド名です。

タイトルの「アンビリーバーズ」は英語で「unbelievers」と書きます。
「不信」や「不信仰者」という意味があります。

YouTubeにはMVが公開されています。
すでに3000万回以上再生されている大人気楽曲です。
MVでは狼?の着ぐるみを着た人物が躍る演出がなされています。

「アンビリーバーズ」はアップテンポな調子の楽曲になっています。
ドラムの音が強調されたロック調のナンバーで、ノリノリで歌える楽曲です。

「アンビリーバーズ / 米津玄師」の構成と歌い方について

曲の構成
  • 1番:Aメロ→Bメロ→サビ
  • 2番:Aメロ→Bメロ→サビ
  • ラスト:Cメロ→ラストサビ
歌い方解説
Aメロ

歌詞を敷き詰め気味で、音程の変化もそれなりにあります。
しかし、極端にスピードが速いわけではないので、リズムに乗って歌っていきましょう。

キーは低いので、歌詞と歌い方を事前に覚え解くことが重要ですね。
早口言葉になりそうですが、子音を強調しつつ、力強い発声をするのがポイントです。
母音を意識しがちですが、子音を発声してリズムを取っていきましょう。

Bメロ

相変わらず歌詞を敷き詰めていますが、それ以上にキーが高めに設定されていて、喉がダメージを受けやすくなっています。

音程変化も複雑です。数か所ならば音程を外しても気にせずに歌っていきましょう。

サビ

スピードが上がり、地声最高音のmid2G#(G#4)と裏声最高音のhiA#(A#4)が登場します。
音程は複雑ですが、この部分もリズムに乗って歌うことで合わせることができます。

流れるように歌うことが求められますが、歌詞と歌い方を覚えておかないとついていけないでしょう。
最高音が裏声ですので、一瞬で切り替えられるように練習しましょう。
裏声から地声への切り替えは難しいですが、できれば周りから注目されます。

Cメロ

息継ぎの余裕がありますが、キーは高めに設定されていて、歌詞を敷き詰めています。
一定のメロディが続くので、1つ覚えて全てに適応させていくのがおススメです。

歌うときには軽く力を入れて歌唱して行くのがおススメです。
キーが高い部分もありますが、サビよりも力を抜いて高音を出すとらしさが出ます。

ラストサビ

転調することも繰り返しもありません。
駆け抜けるように歌唱していきましょう。

カラオケで歌う場合の「アンビリーバーズ / 米津玄師」の総評

曲中での音域はmid1A#(A#2)~hiA(A#4)と広めです。
ただしhiA#(A#4)は裏声で、地声の最高音はmid2G#(G#4)となっています。

mid2G#(G#4)はギリギリ成人男性の地声最高音に入っています。
高音が得意ならば問題なく歌える高さですが、苦手だと高さを感じるでしょう。

音域が広いですが、AメロBメロといったパート内部では音域は激しく変化しません。
Aメロは低く、BメロもAメロよりもやや高く設定されている形になります。
サビのみ高音と低音をどちらも使用するイメージですね。

もしもmid2G#の音がきつければキーを1つか2つ下げると歌いやすくなると思います。

とくにサビの部分でのmid2G#がきついと思うので、この部分を歌えるように調節しましょう。

音程難易度はやや高めとなっています。
音程配置は複雑ですが、歌いやすい配置です。
ただし歌詞の敷き詰め具合が酷いので、歌い方を覚えてくことを推奨します。

覚える場合には歌詞と一緒にメロディを覚えてしまうと良いです。
家で「アンビリーバーズ」を聴きながら、流れてくる音に合わせて口ずさんで覚えていきましょう。

以上を考慮して、

総合的な難易度では普通~やや難になると感じました。

歌詞が敷き詰められているところが一番の問題です。
事前に練習をして歌い方を確認しておきましょう。