もう人前で歌うのが怖くない!~「歌上手いね!」と言わせたい男性が、周りを魅了する歌声を手に入れるための自己ボイトレ講座~

米津玄師のおススメ曲一覧!デュエット曲も網羅しています!

  • 2020年7月6日
  • 2020年7月15日
  • 曲紹介
  • 0件

米津玄師のおススメ曲についてまとめました!全曲カラオケにて歌唱済み、かつ歌う際のポイントをコメントしているので、レパートリーを増やす際の参考にしてください!

自分のキーを知っているとより参考になります。自分のキーの判断方法は以下で説明しているので、調べてみましょう。

関連記事

このページではあなたの声のキーの高さを計測する方法について説明しています。歌える曲、歌えない曲で声域を確認しよう!●キーの高さ男性の一般的な声域はmid1D~mid2G#までです。アーティストによっては曲のキーが高い[…]

男性の平均的な声域
各曲の難易度まとめ
曲名/歌手名音程地声最高音裏声ラップ
アンビリーバーズmid2G#あり(hiA#)なし
LOSERhiA#なしなし
アイネクライネmid2G#あり(mid2G#)なし
サンタマリアmid2F#あり(hiA#)なし
vivimid2Fあり(mid2G#)なし
orionhiA#あり(hiA#)なし
春雷mid2G#なしなし
ピースサインmid2G#なしなし
海の幽霊hiAあり(hiE)なし
馬と鹿mid2F#あり(hiA#)なし
LemonhiBあり(hiB)なし
打上花火hiA#なしなし
灰色と青hiA#なしなし

※色は難しさ。紫>赤>黒>緑の順に難しくなります。赤が多いものは難易度が高めの曲となります。例えば音程練習をする場合は、入門では「易」を、上級は「難」を選ぶようにしましょう。
※当サイトでは多くの曲を実際にカラオケで歌った分析コメントと共に掲載しています!以下が一覧になりますので、こちらもご利用ください!

米津玄師のオススメ曲

アンビリーバーズ【mid2G#】

アンビリーバーズ
米津玄師
2015/09/02 ¥255

クリック or タップで開く
リリース/タイアップ:
2015年9月にリリースされたシングル曲です。スポーツ用品の「WAVE ENIGMA 5」CMソングの主題歌に起用されました。
Aメロ:
歌詞を敷き詰め気味で、音程の変化もそれなりにあります。ただ、極端にスピードが速いわけではないので、リズムに乗って歌うことで音程をある程度合わせることは可能です。キーは低いので、歌詞と歌い方を事前に覚え解くことが重要ですね。
Bメロ:
相変わらず歌詞を敷き詰めていますが、それ以上にキーが高めに設定されていて、喉がダメージを受けやすくなっています。音程変化も複雑です。数か所ならば音程を外しても気にせずに歌っていきましょう。
サビ:
スピードが上がり、最高音のhiA#が登場します。音程は複雑ですが、この部分もリズムに乗って歌うことで合わせることができます。どちらかというとキーの高さが問題です。高音が得意な人なら、問題なく歌えるでしょう。苦手な場合は息継ぎを意識するようにしましょう。
Cメロ:
息継ぎの余裕がありますが、キーは高めに設定されていて、歌詞を敷き詰めています。一定のメロディが続くので、1つ覚えて全てに適応させていくのがおススメです。
ラストサビ:
転調することはありません。
総評:
アップテンポで疾走感のある曲です。歌っていて楽しい曲ですね。歌詞が敷き詰められているところが一番の問題なので、事前に練習をして歌い方を確認しておきましょう。

LOSER【hiA#】

LOSER
米津玄師
2016/09/28 ¥255

クリック or タップで開く
リリース/タイアップ:
2016/9/28にシングルとしてリリースされました。タイアップはないものの、ダンスをする特徴的なPVが話題になりました。
Aメロ:
歌詞をかなり敷き詰めていて、かつスピードも速くなっています。歌詞を覚えて歌い方を抑えるだけではまだ足りず、舌が回る必要があります。リズムに乗って歌わざるを得ませんが、音程を外したところで気にしている余裕さえありません。
Bメロ:
Aメロと同じようにスピードが速く、音程も複雑です。息継ぎをする暇がないので苦しくなりやすいですが、ここでも舌が回るかが問題になります。
サビ:
キーが高いもののの、音程変化もそれなりにあり、最高音のhiA#もここで登場します。相変わらず歌詞を敷き詰めているものの、AメロBメロに比べれば息継ぎをする暇はあるので歌いやすくなっています。ですがここも音程を合わせている余裕まではないので、流れに乗って歌っていきましょう。
Cメロ:
相変わらずスピードが速く、歌詞を敷き詰めています。ですが、音程の変化は激しくありません。キーは低い部分と高い部分があり、後半になればなるほど高くなっていきます。
ラストサビ:
転調することはありません。
総評:
非常にスピードの速くアップテンポな曲になっています。どれだけ舌が回るかと、そして息継ぎをミスしないかが問われています。かなりの早口なのでアクセントで対応しなくてもある程度は音程を合わせることができるのが救いですね。難易度はかなり高めなので、歌いこなすにはかなりの練習が必要になるでしょう。

アイネクライネ【mid2G#】

アイネクライネ
米津玄師
2014/04/23 ¥255

クリック or タップで開く
リリース/タイアップ:
2014/4/23にリリースされたアルバム「YANKEE」に収録されました。アルバム曲ながら絶大な人気を誇り、米津玄師の曲の中でも知名度は高めです。
Aメロ:
スピードが速く、歌詞が敷き詰められています。その中で音程が頻繁に変化するので、アクセントでどれだけ音程を合わせられるかが問題となります。またキーが低めに設定されているものの、しっかりとした発声で音程を合わせる必要があるので、腹筋に力を入れて声を整えていきましょう。スピードが速く、合わせる余裕はありません。リズムに乗って歌っていきましょう。
Bメロ:
最初のキーが高く、そこから次第に下がっていく音程が特徴的です。かなり歌詞を敷き詰めている部分なので、この部分で音程を合わせられるようになると全体的に音程が合うようになります。
サビ:
歌詞を敷き詰め気味で、なおかつスピードも速いです。歌詞はもちろん、しっかりと歌えるだけの練習が必要になります。最高音はここで登場しますが、次第に上がっていく音程で休む暇もないために、苦しさを感じやすい部分です。サビ全体を通して休む暇がないので、肺活量も必要になりますね。
Cメロ:
ありません
ラストサビ:
転調することはなく、1番2番のサビと同じです。最後ですので力を振り絞って歌いきってしまいましょう。
総評:
曲全体を通して歌詞を敷き詰めているので、息継ぎがシビアです。一回でもミスをしてしまうと息切れを起こしてしまうでしょう。音程の変化もやや複雑で、難易度はかなり高いように感じます。難しめの曲ですね。

サンタマリア【mid2G#】

サンタマリア
米津玄師
2013/05/15 ¥255

クリック or タップで開く
リリース/タイアップ:
2013/5/29にリリースされました。米津玄師のデビュー曲になります。
Aメロ:
スピードがゆっくりで、息継ぎをする暇も十分にあります。ただし音程は簡単ではなく、階段状に次第に下がっていく音程もあります。細かいところを外しやすくなっているので、外しても気にしないようにしましょう。
Bメロ:
スピードはAメロに比べて少し速いものの、フレーズとフレーズの間にはしっかりとブレスをする暇が設けられているので問題にはなりません。Aメロ以上にリズムに乗って歌うことが求められています。最悪音程バーを見ないで歌ってもいいくらいですね。
サビ:
キーが高くなるものの、高さはmid2F#なので極端に高くはありません。ただしhiA#の裏声パートも出てくるので、そこはしっかりと合わせていきましょう。
Cメロ:
キーは高めに設定されているものの、スピードはゆっくりなので余裕はあります。ただし、息継ぎをする間隔はかなり広いので息が苦しくなりやすいです。しっかりとした発声で音程を合わせていきましょう。
ラストサビ:
転調することはなく、1番2番のサビと同じです。
総評:
バラード曲です。静かな印象が強いですね。米津玄師の曲の中では意外と歌いやすい部類に入る曲ですね。

vivi【mid2F】

サンタマリア
米津玄師
2013/05/15 ¥255

クリック or タップで開く
リリース/タイアップ:
2012/5/16にリリースされたアルバム「diorama」に収録されている曲です。
Aメロ:
スピードがゆっくり目で音程は簡単、かつ息継ぎをする暇も十分にあります。さらにキーも低くなっているため歌いやすい部分です。
Bメロ:
歌詞を敷き詰めている部分があるものの、それぞれのフレーズの間はかなり離れていて、準備する時間は十分にあります。後半はキーが高い部分があるので、とくにブレスに気を遣っていきましょう。
サビ:
スピードが速くなるものの音程変化は緩やかなので、リズムに乗って歌うことで音程を合わせられるはずです。最高音はここで登場するものの、裏声を使用してもOKです。サビに関してはかなり歌いやすい印象がありますね。
Cメロ:
単調な音程が続きます。キーは高いものの、音程はかなり合わせやすいですね。スピードはやや速いので、事前に音程と歌い方を確認しておけ歌いこなせるでしょう。
ラストサビ:
繰り返しがあり、その繰り返しの部分でキーが上がります。とはいえ転調しても最高音はmid2Fなので、そこまで高さは感じないかもしれません。1番2番のサビが歌えているなら問題なく歌えるでしょう。
総評:
少しダークな雰囲気の曲ですね。ただし歌詞は良いフレーズが多いですし、最後の方は明るい印象があります。また、米津玄師の曲にしてはキーが低い印象の強い曲で、かなり歌いやすい部類に入ります。

orion【hiA#】

orion
米津玄師
2017/02/15 ¥255

クリック or タップで開く
リリース/タイアップ:
2017/2/15にリリースされたシングル曲です。アニメ「3月のライオン」第1シリーズ第2クールエンディングテーマに起用されました。
Aメロ:
音程配置が複雑です。アクセントで音程が上下する部分があるので、歌い方をしっかりと押さえておきたいところです。少し大げさにアクセントをつけることで音程が合わせやすくなります。スピードも速いので意識して合わせている余裕はありません。リズムに乗って歌唱して行きましょう
Bメロ:
歌詞を敷き詰め気味で、音程変化が激しくなっています。ここも子音と母音で音程が違う場所が数か所あるので、歌い方をおさえたほうが音程が合いやすいですね。全体的にキーは低めですが、息継ぎをする暇はありません。
サビ:
スピードが速くなるものの音程変化は緩やかなので、リズムに乗って歌うことで音程を合わせられるはずです。最高音はここで登場するものの、裏声を使用してもOKです。サビに関してはかなり歌いやすい印象がありますね。
Cメロ:
サビは全体的にキーが高く、最高音裏声も登場します。音程はそこまで難しくはないものの、スピードが速く、すぐに裏声へと切り替わるので注意が必要になります。
ラストサビ:
転調することはありません。
総評:
バラード調ながらもその中に壮大なイメージがある曲です。曲全体を通して歌詞を敷き詰め気味で、音程もやや複雑に変化します。アクセントを事前におさえておかないと単調な歌い方になってしまうので、アーティストの歌い方をしっかりと再現していきましょう。

春雷【mid2G#】

春雷
米津玄師
2017/11/01 ¥255

クリック or タップで開く
リリース/タイアップ:
2017/11/1にリリースされたアルバム「BOOTLEG」に収録されている楽曲です。YouTubeにPVが収録されています。
Aメロ:
歌詞をかなり敷き詰めています。早口のようなフレーズが特徴ですね。音程が難しくはないものの、そもそも舌が回るかどうかすら怪しいです。そのうえで歌い方をおさえてアクセントを駆使して音程を合わせる必要があります。
Bメロ:
Aメロと同じような印象です。相変わらずスピードが速く、歌詞を敷き詰めているので早口で歌わなくてはなりません。
サビ:
全体的にキーが高く、最高音のキーが頻出します。最高音もmid2G#とまあまあ高いものの、それ以上に息継ぎをする暇がないので息が苦しくなりやすいですね。ブレスをする場所を事前に考えておきましょう。
Cメロ:
スピードが速く、歌詞は敷き詰めてはいないものの、早口で歌わなくてはならないことには変わりはありません。音程がそこまで難しくないのが救いです。
ラストサビ:
転調することはありません。
総評:
非常にアップテンポで忙しない曲です。音程が難しいというよりも、スピードが速く、余裕をなくしてくる曲といった印象が強めです。リズムに注意しておかないと早く歌ったり、遅く歌ったりしてしまうので注意しましょう。

ピースサイン【mid2G#】

ピースサイン
米津玄師
2017/06/21 ¥255

クリック or タップで開く
リリース/タイアップ:
2017/11/1にリリースされたアルバム「BOOTLEG」に収録されている楽曲です。YouTubeにPVが収録されています。
Aメロ:
歌詞を敷き詰めていてスピードが速いです。しかしキーは低めに設定されていて、かつ息継ぎをする暇はあるので意外にも歌いやすくなっています。米津玄師にしてはそこまで舌が回る必要もないのが救いですね。それでも速いですが。息継ぎをするタイミングでしっかりとブレスをするように意識しましょう。
Bメロ:
Aメロよりさらに少し余裕が出てきます。音程変化は複雑ですが、それ以上に最低音が多く登場するので、低音が苦手の場合は苦労するかもしれません。リズムに乗って歌いきっていきましょう。
サビ:
キーが高く、最高音も登場します。音程変化は複雑ですが、リズムに乗って歌うことで、ある程度は音程を合わせることができます。
Cメロ:
こちらもスピードが速く、AメロBメロ以上に歌詞を敷き詰めています。舌が回らなくなる部分があるとしたらここなので、心配な場合は重点的に練習をしておきましょう。
ラストサビ:
転調することはありません。
総評:
疾走感のある曲です。最高音もmid2G#なので、高音が得意な人からするとそこまで難易度は高く感じないかもしれません。疾走感があるので多少は音程を外しても無視できるのが良いですね。

海の幽霊【hiA】

海の幽霊
米津玄師
¥255

クリック or タップで開く
リリース/タイアップ:
2020年6月3日にリリースされたシングル曲です。映画「海獣の子供」のテーマとして起用されています。
Aメロ、Bメロ:
裏声が頻繁に登場し、素早い切り替えを要求されるのも難点ですね。地声のキーも歌いにくいキーに設定されているので、音程の合わせにくさを感じるはずです。しっかりとした発声を意識して、メロディを注意深く聞きながらしっかりと合わせていきましょう。
サビ:
かなり難易度が高く、音程、裏声ともに高いレベルを求められます。とくに急にせり上げるような音程が多く、曲のスピードが速いために準備をする間があまりありません。事前にカラオケで練習をして素早くキーを持ち上げられるようにしておきましょう。また裏声に関してもキーが高いだけでなく、その状態でキーを変化させるので裏声の持続力も求められます。
Cメロ:
ありません
ラストサビ:
転調することはありません。
総評:
かなり難易度の高い曲です。AメロBメロから音程の変化が激しく、米津玄師の声の出し方を参考にすると逆に出しにくいと感じるかもしれません。ちなみに裏声最高音のhiEは1か所しか出てこないものの、それ以外の裏声の部分も総じてキーが高く、裏声に関してはかなり高いレベルが求められます。総合的に難易度はかなり高いといえますね。ただし歌っていて楽しい曲ではあるので、ある程度練習をしてから披露してみるのもいいかもしれません。

馬と鹿【hiA】

馬と鹿
米津玄師
2019/08/12 ¥255

クリック or タップで開く
2020年8月12日にリリースされたシングル曲です。ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の主題歌にも起用されました。歌番組でも頻繁に取り上げられたため、知名度は高めですね。

歌っていて楽しい曲となっています。曲を聴いていると難しく感じるかもしれませんが、実際には音程の変化はそこまで複雑ではなく、さらには息継ぎも容易にできるため余裕をもって音程を合わせやすくなっています。

地声最高音のキーはhiA#と高めですが、裏声もhiA#となっています。代表曲の「Lemon」や2019年の上半期の記事で紹介した「海の幽霊」などと比べてみると、米津玄師の曲の中では歌いやすい部類に入ります。

ある程度練習をしてから披露するとさらに完璧に歌えるでしょう。見せ場はラストサビなので、ここで全力で力を入れて訴えかけるように歌うのがおススメです。

地声と裏声、その両方ができる場合は周りを魅了できるので、自信がある場合はぜひとも歌ってみてください!

Lemon【hiB】

Lemon
米津玄師
¥250

関連記事

誰もが知っている曲というのは覚える恩恵が非常に大きい曲です。例えば、サザンオールスターズの「TSUNAMI」やMr.childrenの「Tomorrow never knows」などは会社のカラオケ会で披露しても、大学の友人の前で披[…]

米津玄師のLemonについてのアイキャッチ画像

打上花火【mid2G#】

打上花火
DAOKO×米津玄師
2017/08/16 ¥255

クリック or タップで開く
リリース/タイアップ:
2017年8月26日にリリースされたシングル曲です。アニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」の主題歌として起用されています。
Aメロ:
歌詞の敷き詰め具合が酷く、アクセントで対応して行かないと音程を合わせるのが難しい部分です。キーは低いので、どれだけ歌い方を再現できるのかが大事ですね。曲中一番の難所です。
Bメロ:
音程がAメロよりも簡単になり、歌詞の敷き詰めもなくなります。かなり歌いやすくなる部分です。ここでリラックスしてサビに準備をしていきましょう。
サビ:
キーは低いものの、スピードが速いのでリズムに乗って歌っていきたいところです。音程もそれなりに難しく、最高音のmid2G#もここで登場します。一瞬しか登場しないものの、スピードが速いので準備をする暇がありません。歌詞と歌い方を覚えて、リズムに乗って歌いきっていきましょう。
Cメロ:
女性ボーカルと交互に歌唱するパートが登場します。音程配置が難しいだけでなく、スピードが速いのでタイミングを合わせて歌唱していきましょう。相方の歌唱部分を潰さないように注意したいところです。1人で歌うと厳しいですが、2人で歌うと息継ぎの余裕は生まれます。
ラストサビ:
転調することはありません。
総評:
米津玄師パートのみ歌唱しました。Aメロの難易度が高めです。其れ以外の部分は歌いやすい部分が多く、デュエットで歌う分には歌いやすく盛り上がりやすい曲です。もしもカラオケに女性が参加しているなら、デュエットを依頼するのもいいかもしれませんね。

灰色と青(+菅田将暉)【hiA】

灰色と青 ( + 菅田将暉 )
米津玄師
2017/11/01 ¥255

クリック or タップで開く
リリース/タイアップ:
2017年10月11日にリリースされたシングル曲です。YouTubeにPVが公開されています。
Aメロ:
かなりゆったりとしたペースで歌いやすいパートです。音程もそこまで難しくなく、キーも高くはありません。しっかりと音程を意識しつつ、歌っていきましょう。
Bメロ:
フレーズの1つ1つが少し長くなり、息継ぎをするまでが長くなります。とはいえそこまで苦しさは感じないので、多少息継ぎをミスしても問題はありません。ここもAメロと同じくしっかりと音程を意識して歌っていきましょう。
サビ:
一気にキーが高くなり、喉にダメージを与えてきます。意外にも息継ぎをする暇がないのでしっかりとブレスは意識しておきましょう。訴えかけるような力強い歌声で歌唱して行くのがポイントです。母音を意識しつつ歌唱していきましょう。
Cメロ:
音程は単調なもののキーが高く、最高音が登場します。息継ぎをする暇はあるので、ブレスをしっかりとしつつ、高音に向けて準備をしていきましょう。
ラストサビ:
転調することはありませんが、一部歌詞が異なっている部分があるのでそこは注意しましょう。また最高音でのロングトーンが最後に待ち構えているので、そこまで余力を残しておきたいところです。力強い歌声で歌いつつも、最後のロングトーンの存在は頭から離さないようにしましょう。
総評:
しみじみとしたバラードソングです。デュエット曲ですが2人が同時に歌うことはなく、きっちりとパート分けがされています。キーは高いものの、音程が難しい部分は少なく、歌いやすい曲になっています。
無料note画像

カラオケのコツが詰まったnoteを
無料で手に入れよう!

LINE@に登録することで、カラオケのコツや練習法をまとめたnoteを無料でプレゼント!

SNSでカラオケに関する新しい情報を
受け取ろう!

Twitter、Facebookにて更新情報やカラオケの新しいネタなどを精力的に配信しています。
お使いのSNSで登録すれば、情報がお手元にすぐに届きます