もう人前で歌うのが怖くない!~「歌上手いね!」と言わせたい男性が、周りを魅了する歌声を手に入れるための自己ボイトレ講座~

「宿命 / Official髭男dism」の歌い方【音域】

「宿命 / Official髭男dism」について歌い方や音域を解説しました。
カラオケで歌う場合の参考にしてください。

自分のキーを知っているとより参考になります。自分のキーの判断方法は以下で説明しているので、調べてみましょう。

関連記事

このページではあなたの声のキーの高さを計測する方法について説明しています。声域調査システムVRCで自分の声域をチェック!声域を知る際に、「声域調査システムVRC」を使用します。声域調査システムVRC「声域調査システムVRC」[…]

男性の平均的な声域

「宿命 / Official髭男dism」の楽曲データ

宿命
Official髭男dism
2019/07/09 ¥255

アーテイストOfficial髭男dism
リリース2019/7/9
タイアップドキュメンタリー番組「熱闘甲子園」主題歌
総合難易度★★★☆☆
音程難易度★★☆☆☆
地声最低音mid1F(F3)※Aメロで登場
地声最高音hiC(C5)※サビ、Cメロで登場
裏声最高音hiC(C5)※2番Bメロで登場
スピードBPM82(標準的な速さ)
ラップなし
宿命について

2019年7月9日にリリースされたシングル曲です。
前作「Pretender」から2ヶ月ぶりの新曲になります。

ドキュメンタリー番組「熱闘甲子園」の主題歌に起用されています。
タイアップはありますが、どちらかというと音楽番組で聴いたことが多いと思います。

タイトルの「宿命」の読み方は「しゅくめい」です。曲中の歌詞にも登場します。
歌詞を見てみると、「甲子園」にぴったりな内容であることが分かります。

YouTubeにはOfficial Videoが投稿されています。
再生回数は9000万回を越えていて、1億回に届く勢いです。
Official髭男dismの知名度の高さを感じさせますね。

Official VideoはOfficial髭男dismのメンバーがニューヨークで演奏する様子が撮影されています。

曲調はアップテンポで、軽快なメロディが特徴的です。
響くドラムと、ギターの音が心地よいですね。

「宿命 / Official髭男dism」の構成と歌い方について

曲の構成
  • 1番:Aメロ→Bメロ→サビ
  • 2番:Aメロ→Bメロ→サビ
  • ラスト:Cメロ(ほぼAメロ)→ラストサビ→アウトロ
歌い方解説
Aメロ
  • 高音:hiA#
  • 低音:地声最低音mid1F
  • 音程:やや易(歌詞をやや敷き詰めているが、歌いやすい)

次第に上がっていく音程バーが多く、最終的にはシャウトのような発声で終わります。
シャウト部分で声が裏返りやすいので注意が必要です。

Aメロにもかかわらず、キーの高い部分が多いために発声はしっかりとしています。
しかし力強い発声ではなく、透き通った、静かな発声を意識するとらしさがでます。
力を抜いて、口ずさむように歌唱するのがおススメです。

Bメロ
  • 高音:裏声最高音hiC(2番)
  • 低音:mid2A#
  • 音程:普通(歌詞を敷き詰めているが、ここも歌いやすい)

2番のBメロでは裏声が登場します。
曲中で裏声が登場するのはここだけですね。
一瞬で切り替えるので、綺麗な発声を意識しましょう。

歌詞の敷き詰めはありますが、切れ目が多いのが特徴です。
この切れ目を意識してリズムを取っていきたいですね。
切れ目が多いので、どこでブレス(息継ぎ)をするかも決めておくのがおススメです。

サビ
  • 高音:地声最高音hiC
  • 低音:mid1G
  • 音程:やや易(歌詞を敷き詰め気味だが、ここも歌いやすい)

地声最高音はここで連発されます。
張り上げて出す最高音なので、声が裏返らないように注意したいところです。

かなり高音が続きます。力強い発声を意識して行きましょう。
切れ目が多いので、Bメロと同じように切れ目でリズムを取ります。

音程は難しくないので、高音の維持に力を注ぎつつ、歌唱していきましょう。
高音では息が抜けるような感覚で出せるとベストです。

Cメロ
  • 高音:地声最高音hiC
  • 低音:地声最低音mid1F

Cメロと記載しましたが、メロディや音程的にはほぼAメロです。
Aメロを少し転調したパートと捉えるのが妥当です。

後半のみ転調します。そのためにCメロに最低音と最高音が存在します。
音域の幅がかなり広いので、なかなかに歌いにくい部分と言えるでしょう。

前半はAメロと同じく静かな声を意識しましょう。
後半はラストサビに向けて盛り上がる部分です。
力強い発声を意識して、高音へと備えていきましょう。

前半と後半で力の強弱が変わります。
Cメロのみと範囲は狭いですが、しっかりと対応していきましょう。

ラストサビ
  • 繰り返し:なし
  • 転調:なし

アウトロの最後はとても長いロングトーンで終了します。
ここも見せ場ですので、途切れないロングトーンで周りの心をがっちりと掴んでいきましょう。
アウトロに移行するまでは時間がかかるので、忘れて「演奏中止」を押さないように注意してください。

カラオケで歌う場合の「宿命 / Official髭男dism」の総評

曲中での音域はmid1F(F3)~hiC(C5)とやや狭いです。
地声、裏声ともにhiC(C5)が最高音となっています。
音域の幅はやや狭めですが、音域そのものが高いです。

一般的な男性の声域から考えると、大きく上にずれていると言えます。

参考:男性の平均声域

男性の平均的な声域

音域的には女性音域に突入します。
男性よりも女性の方の方が歌いやすい曲ですね。

また音域は狭いので、AメロBメロといったパート内でも大きく上下はしません。
Aメロのみでやや大きな上下がありますが、Bメロやサビは全体的に高めのキーです。

男性が歌う場合はキーを4つ~5つ下げるのがおススメです。

ここまでキーを下げると、地声最高音がmid2G#(G#4)付近になります。
一気に歌いやすさを感じるはずです。
Official髭男dismはキーが本当に高いですね……。

裏声は2番のBメロにのみ登場します。
一か所しか登場しないのは珍しいですね。変化は一瞬です。
Official髭男dismは裏声の使い方が上手で、聞き流していると裏声であることが分からないレベルです。

音程難易度はやや易となっています。
音程配置は複雑ですが、かなり歌いやすいです。
息継ぎをする暇も十分にあり、余裕をもって歌うことができます。

切れ目を意識することでリズムも取りやすくなります。
一番の問題は高音ですね。それ以外の難易度は低めです。
キーを下げることで一気に歌いやすくなるでしょう。

以上を考慮して、

総合的な難易度ではやや易~普通になると感じました。
Official髭男dismの多くの曲は、音程がそこまで難しくないのが救いです。
キーを下げることで一気に歌いやすくなるので、まずは自分に合ったキーを探すことが先決だと思います。