もう人前で歌うのが怖くない!~「歌上手いね!」と言わせたい男性が、周りを魅了する歌声を手に入れるための自己ボイトレ講座~

【一気に?】理想的な1週間のカラオケ練習について【コツコツ?】

どうも神田です。

先日、以下のようなツイートをしました。

歌が上手くなりたいなら、カラオケに通い詰めるのは辞めましょう。毎日カラオケに行くと喉にダメージを与えて、上達を邪魔してきます。声が出ないと練習になりません。土日に6時間くらい一気に歌うのがおススメです。長く密度の濃い練習ができますし、時間を空けるので喉のダメージも回復します。

さまざまな人を指導してきました。
その中で、とくに伸びやすい人の練習は意外なものでした。
今回は理想的な1週間の練習の流れを解説します。

カラオケでの理想的な練習

コツコツ練習を積み重ねるのは×

以前の私もそうでしたが、何も考えずにカラオケに通っているだけの人は多いです。
よく分からないけど、とにかく歌えば上達すると思ってしまうんですよね。

ですが、これはNGです。
  • 練習時間が短くなる
  • 密度の濃い練習ができない
  • 喉の回復が間に合わない
  • 経験値が貯められない

といった多くのデメリットがあります。

練習時間は短くなる

以前私は毎日カラオケに通っていました。
1週間で6回通ったこともあります。

これだけ聞くと頑張ってますが、この期間ではあまり成長していません。
平日の練習って、練習時間が長く確保できないんですよね。
密度が濃い練習もできません。

ただ歌って終わりということになりがちです。
時間が短いから、早く歌わないと損だと思ってしまいました。

喉のダメージが回復しきらない

一番の上達しない原因です。
毎日のようにカラオケに通っていると喉のダメージが回復しません。

1日だけでは喉の調子は元に戻らないからです。
そのようにダメージを受けた状態では満足に練習ができません。

経験値が溜まりづらくなります。
ゲームで言うところの、経験値が低い敵を倒しているようなものです。

カラオケでは一気に練習するのがおススメ

ならどうすればいいかというと、一気に練習をすると良いです。

土日にフリータイムで6時間くらい練習すると伸びやすくなります。

なるべく土日両方がおススメですが、最初はどちらか片方でもいいです。
理想的な練習の流れは以下の通り

月~金:ひたすら音楽を聴きまくる。余裕があれば口ずさんだりする
土、日:カラオケに行って長時間の練習をする
平日も練習です

土、日にカラオケに行きますが、平日に何もしないわけではありません。
むしろ平日の練習が土、日に影響を与えるといえるでしょう。

平日はひたすら曲を聴きまくりましょう。

まだまだ曲を聴く経験が足りない

イヤホン

多くの人は曲を聴いている経験は十分だと思っています。
ですが、私から言わせてもらえばまだまだ足りません。

1日24時間の中で、聴けるときは聴くようにしてください。

私は会社員時代に、

  • 起きて、家を出るまで
  • 朝の通勤の時間
  • 職場に到着して、始業のベルが鳴るまで
  • 昼休みの時間
  • 帰りの通勤の時間
  • 家に帰ってから寝るまでの間

これだけの時間音楽を聴いていました。
イヤホンで聞いていたり、PCから流したりしていました。

イヤホンで聴いていてもスマホは見れます。
音楽を流しながらでも夕飯は作れます。

欲を言うと、口ずさむと良い

「実際にやっています!さらに+αでできることはありますか?」
という相談も受けるので、ここで回答しておきます。

流れてくる音楽に対して口ずさんだりするとさらに上達が早くなります。

電車の中などで口ずさんだら怪しい人なので、家でやりましょう。
流れてくる音楽に合わせて、口ずさんで歌っていきましょう。

鼻歌でもいいですが、おススメは歌うことです。
歌詞も覚えられて一石二鳥です。

口ずさむと音程と歌詞の記憶に良い

さまざまな記事で述べていますが、口ずさむことのメリットは大きいです。
大きく、2つのメリットがあります。

  1. 音程を覚えられる
  2. 歌詞を覚えられる

カラオケで歌うのは曲を再現するということです。
口ずさむと、伴奏のメロディや歌い方を自分の口で再現することになります。
音程が合いにくいなぁ、という人におススメの方法ですね。

また歌詞を覚えられないという人にもおススメの方法です。
声に出して読む(歌う)って効果が高いですよ。

私は塾の講師を今もやっているのですが、英語を教える場合に「音読をしよう!」と言います。音読をすることにより、口で言葉を発して、その言葉を耳で聞き取ります。

ただ英文を眺めているときは目しか使ってませんが、音読は目も口も耳も使います。
このようにさまざまな器官を使用して、脳を英語に慣れさせる目的があります。

歌も同じです

歌詞をただ見ているだけでは覚えられません。
実際に曲を聴いて、そして歌うことで目、口、耳の3つを使えます。

そうすることにより、次第に脳が音楽を覚えやすい脳になっていきます。

私はこれを長年繰り返しました。
今では1曲覚えるのに、本気を出せば6時間で記憶できます。
そのくらい口ずさむのはおススメですね。

こんな理想的な練習はできないよ、という人向け

理想的な練習方法を紹介してきました。
ですが中には

「この練習が良いのはなんとなくわかった。でもこんなのできない!」

という人もいると思います。
その人の周りの環境や年代などによって変わるからですね。

もちろんこの練習法は理想中の理想です。
この練習をすれば最短で3ヶ月で上手くなります。

ですが、実行しにくいのも分かっています。
なので、私の方で3パターンに分けて練習プランを考えました。

それぞれ

向けの練習プランです。
1:1のレッスンを行っているのですが、その時に提案する内容そのままです。

ぜひとも練習に役立てていただければと思います。

無料note画像

カラオケのコツが詰まったnoteを
無料で手に入れよう!

LINE@に登録することで、カラオケのコツや練習法をまとめたnoteを無料でプレゼント!

1:1オンラインレッスンで効率的に上達しよう!

TwitterのDMから依頼すると、1:1オンラインレッスンを受けられます。
費用は無料です。まずは相談でも構いませんので、どうぞ!