もう人前で歌うのが怖くない!~「歌上手いね!」と言わせたい男性が、周りを魅了する歌声を手に入れるための自己ボイトレ講座~

カラオケの表現力っていったい何?仕組みや取り方を紹介!

  • 2018年10月24日
  • 2020年9月12日
  • 表現力

カラオケでDAMの精密採点DX-Gや精密採点Aiをやっていると、「表現力」という項目がありますね。

この表現力、いったいどういった風に採点をして点数をつけているのでしょうか?

実は、採点機により表現力の仕組みは異なります。今回はそれぞれの採点機能別に仕組みを解説します。

精密採点DX-Gにおける「表現力」の仕組み

抑揚、しゃくり、こぶし、フォールで構成

採点結果画面を見てみると、精密採点DX-Gの場合、表現力は抑揚、しゃくり、こぶし、フォールの4つで採点されていることが分かります。

表現力97点での抑揚としゃくり
出展:第一興商 LIVE DAM STADIUM 精密採点DX-G 採点結果画面

それぞれの項目について、より詳しく見ていきましょう。

①抑揚

表現力を構成する中で、抑揚はかなり高めの配点となっています。抑揚に関しては80後半から90前半程度を目指したいところですね。

抑揚はアクセントや歌い方の癖ではなく、声量の差を見ています。声が大きい、小さいで抑揚を判断している、ということです。

ただしAメロBメロを小さく歌い、サビを大きく歌えば良い、という単純なものではありません。歌唱中の一画面で声を大きくしたり、小さくする必要があります。

おススメの方法は以下のように、歌唱画面を目測で半分に区切って、マイクの距離を変えることです。

抑揚を取るためのマイクテクニック

マイクを遠ざけると声が小さくなったと判定されます。一方で近づけると声が大きくなったと判断されます。

この方法を使用すれば普通に歌いつつ、マイクの距離を変えるだけで抑揚が伸びるのでおススメです。

抑揚の詳しい仕組みや取り方については以下の記事でさらに詳細に解説しています。気になる場合は参考にしてみてください。

関連記事

カラオケの採点項目に抑揚というものがあります。この抑揚という項目、少し難しい項目です。自分では抑揚をつけているように思えてもなかなか点数が伸びなかったりします。今回はこの抑揚について、どのように採点しているのか、そして点数が上がるコ[…]

たったこれだけ!?カラオケで抑揚をつける3つのコツ!のアイキャッチ画像

②しゃくり

表現力で高得点を取るにはしゃくりは「15回~20回」は欲しいところです。抑揚が同じ曲でしゃくりの回数のみを変えてみると、回数が増えれば増えるほど表現力が上がっていることが確認できます。

精密採点DX-Gでのしゃくりと表現力の関連性
※神田の過去歌唱履歴から作成。抑揚は70のものを使用

精密採点DX-Gでのしゃくりと表現力の関連性

勝手にしゃくりが入るような曲ならば問題はありませんが、そうでない場合は意図的にしゃくりを出す必要があります。

曲の中で15回程度しゃくりを入れればいいので、1番を歌い終わった段階でしゃくりが10回入っているなら、2番は意識しなくて良い、といった歌い方もできます。

もしもしゃくりを出せる方法を知りたい場合は以下の記事を参考にしてください。

関連記事

どうも神田です!カラオケの採点には「しゃくり」というテクニックが出てきます。これは歌唱テクニックの一つで、加点要素として扱われています。習得していると採点で高得点が狙えます。今回は「しゃくり」を独学で習得したので、そ[…]

③こぶし、フォール

カラオケの表現力に対して、こぶしとフォールは全くと言っていいほど影響を与えません。

もちろん無いよりはあった方がいいですが、加点は本当に微々たるもので、抑揚としゃくりの加点には叶いません。

これらの項目についてはとくに意識しなくても大丈夫です。

精密採点Aiにおける「表現力」の仕組み

抑揚、しゃくり、こぶし、フォールで構成

採点結果画面を見てみると、精密採点Aiの場合でも、表現力は抑揚、しゃくり、こぶし、フォールの4つで採点されていることが分かります。


出展:第一興商 LIVE DAM STADIUM 精密採点Ai 採点結果画面

しかし、仕組みは精密採点DX-Gから大きく変化しています。それぞれの項目について、より詳しく見ていきましょう。

①抑揚

精密採点DX-Gのマイクの距離を変えるコツは精密採点Aiでは使えません。やらないでください。むしろ点数が下がります。

大切なのは、マイクの距離を離して普通に歌うことです。精密採点DX-Gにおいて、声が小さいと判断されるくらいにはマイクと口の距離を空けましょう。

また、オクターブ下を使用すると抑揚の値が下がります。キーの高い曲を歌唱する場合にはオクターブ下ではなく、カラオケ機種の本体で曲のキーを下げてしまいましょう。

②しゃくり、こぶし

大きく変更されたのがしゃくりとこぶしです。精密採点DX-Gではしゃくりは20回程度で良かったのですが、今回は多ければ多いほど良いです。

さらにこぶしに関しても配点がされていて、こちらの配点はしゃくりよりも大きいようです。

しゃくりとこぶしが多く入る曲の方が表現力が伸びやすい傾向にあります。

精密採点Aiでの抑揚、しゃくり、こぶしと表現力のデータについては以下の記事にまとめてあります。

もしももっと詳しく知りたい場合はこちらの記事を参考にしてください。

関連記事

どうも神田です!2019年10月にリリースされたDAMの新機種、LIVE DAM Aiに新たに収録された精密採点Aiの表現力について、今回は攻略法を説明していきます。これまでの精密採点DX-Gでの表現力とは大きく変わっているので、こ[…]

LIVE DAM Aiの精密採点Aiでの表現力の取り方!精密採点DX-Gとは違うので注意!のアイキャッチ画像

③フォール

カラオケの表現力に対して、精密採点Aiでもフォールは影響を与えないようです。

「ボーナス点」と「Ai感性」について

精密採点DX-Gには「ボーナス点」が存在

精密採点DX-Gには「ボーナス点」の概念があります。「表現力ボーナス」という種類があるのですが、これは表現力に影響を与えるものではありません。

総合得点にプラスされるだけですので、気にしなくて大丈夫です。

精密採点Aiには「Ai感性ボーナス」が存在

精密採点Aiには「Ai感性ボーナス」の概念があります。この「Ai感性ボーナス」も総合点に加点されるだけで、表現力に影響は与えません。